脱ボキャ貧!仕事で使える英単語その1

覚えておいて損はない!仕事でよく使う単語をご紹介します。
この数単語を覚えれば、ビジネス英会話がもっとスムーズになるはず。

使える単語その1
Abby Bus_Prv 1

regarding (~に関して)
この単語は本当によく使います。
aboutよりも固い表現なので、「ビジネス」という感じがします。

私の場合こんな風に使います。
例1)
“Hi. Regarding the xxx project, did you see my e-mail?”
「ハイ。xxxプロジェクトに関してなんですが、私のメール見ました?」
何か確認や質問したいことがあるときに、挨拶したらすぐにこう切り出しています。

例2)
“He knows better than me regarding this problem.”
「この問題に関しては、私より彼の方が詳しいですよ。」
このように文中でもよく使います。

 

使える単語その2
Abby Bus_Prv 2

inform (知らせる)
「報・連・相」は仕事の基本!ということで、この単語もよく使います。
tellよりもかっちりして聞こえますので、代わりに使ってみましょう。

例1)
“I will inform you when I’m able to start this task.”
「このタスクに取り掛かれるようになったら、お知らせしますので。」

例2)
“Please be informed that we will have a national holiday next week.”
「来週は、祝日があるって知っておいてくださいね。」
“Please be informed”という表現、聞きなれない方もいらっしゃるかもしれません。
「どうぞ心にお留めおきください」という丁寧な表現です。

“national holiday”は国民の祝日という意味です。
異文化の方と接する場合には、お互いの祝日の確認は欠かせません。

いかがでしょう?そんなに難しい単語ではないと思いませんか。
これを使えばビジネスっぽさがぐっと上がりますよ。ぜひ機会があればお試しください。

特集内の記事

ページTOPへ