依頼するときの英語表現

頼んだ相手に気持ちよく仕事をしてもらうには、どんな頼み方をすればいいんだろう?
とお悩みの方のために、ここでは実際に日々使っている英語での頼み方をご紹介いたします。

1. “Can you please…?”「~してもらえますか?」

例)
Can you please confirm?
「ご確認いただけますでしょうか。」

ある程度気心の知れた仲ならCan you~?だけでもいいかもしれませんが、
そうでなければやはり丁寧にCan you please~?と伝えた方がベター。

ちなみに”Can you confirm?”だと、「確認してもらえますか?」という感じです。

pleaseの有無って意外に重要なんです。
私がニュージーランド留学中には、相手に何かして欲しい際にpleaseを付け忘れると、
ホストマザーにたしなめられました。
abby_mail_Please

2. “Is it possible to…?”「~することは可能ですか?」

例)
Is it possible for you to start working on this task from next week?
「来週からこのタスクに着手することは可能でしょうか。」

相手の状況をうかがいながらものを頼む際、
日本語では「~していただくことは可能でしょうか。」という言い方をすると思います。

そのような場合には英語でもIs it possible to~?が使えます。
「うーん。いきなりの追加タスクだし頼みづらいな…。」と感じている場合など、
この言い方で依頼してみてください。
(※もちろん相手の都合で無理なときは無理なものですけれどね。)

特集内の記事

ページTOPへ