エンジニア奮闘記

ソルクシーズの新人に聞いた「システムエンジニア・初めてのお仕事レポート」③

ソルクシーズの新人システムエンジニアの仕事ぶりをお伝えする「初めてのお仕事レポート」、第3回は情報系の専門学校を出てこの業界を選んだCさんに聞きました。

最初に会った方の印象がよかったんですよね」。ソルクシーズに入社を決めたのは、誘ってくれた社員の方の情熱に惹かれたからだそうです。

3ヵ月の研修でシステムエンジニアとして必要な基本知識や自社の事業についてしっかり学び、最初に携わった仕事は設計書のチェック。それが終わると、クレジットカード関連の入金処理のプログラムを作るプロジェクトに配属されました。

とにかくうちに入ってほしい、といってくれた社員の方の人となりに魅力を感じてソルクシーズに入社したのですが、実際に働き始めてからも印象は変わりませんでした。

現在所属しているのは若いメンバーが集まったプロジェクトなのですが、何を聞いてもすぐに答えが返ってくるのでとても助かっています」。
pixta_32363420_S
最初はわからないことだらけで戸惑いがあったものの、10人ほどのプロジェクトのなかで先輩と話しているうちに、会社にも仕事にもスムーズに溶け込めたと語るCさん。堅苦しい雰囲気はなく、歳が近い先輩たちとカジュアルに話ができる職場に配属してもらえてよかったといいます。

学生の頃からシステムエンジニアになりたいという気持ちが強かったので、日々新しい知識が得られる今の環境は「やりたかったことをやっている」という実感があるとのこと。専門学校時代に資格を取得した際に学んだことが、自分の支えになっているところも大きいそうです。

システムエンジニアをめざして就職活動をしている専門学校生には、とにかく資格は取っておけといいたいですね。自分に何ができるのかをわかりやすく証明してくれますし、現場でプログラミングなどの仕事をしていくときのベースになると思います」。

寮住まいで同期と話す機会は多いのですが、プログラミングの仕事がおもしろくて前のめりになっている今は、先輩と話す機会のほうを興味深く感じているとのこと。

覚えなくてはならないことが多く、目の前の仕事をこなすのが精一杯の毎日ですが、まずは納得のいく結果を出したいと語るCさん。「後輩に教える立場になったときには、聞かれたことにきちんと答えを返してあげられる存在になりたいですね」。

さまざまな選択肢があったなかで、「この人と一緒に働きたい」と出会いを重視したCさんの会社選びは間違っていなかったようです。

特集内の記事

ページTOPへ