ソルクシーズで働く人々

2017総決算!ソルクシーズの部活成果発表会【来年リベンジ編】

ソルクシーズの社内部活動の成果を報告いただく発表会企画、第1回の【部員増加中編】 では、新メンバーの入部あり、目に見える成果ありの英語部駅伝部 を紹介させていただきました。

今回登場するのは、野球部フットサル部。システムエンジニアと体育会系はミスマッチと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、野球もフットサルも情報サービス業界の企業対抗トーナメントが開催されるぐらい、部活が盛んなのです。

ソルクシーズのチームは、どちらもあえなく早期敗退。悔しい思いを胸に秘めて来期の巻き返しを誓うのであります。

野球部が参加したのは、4月より始まった「第42回TJK事業所対抗軟式野球大会」(TJKは、東京情報サービス産業健康保険組合の略称です)。2部に所属しているソルクシーズは、1回戦不戦勝と素晴らしいスタートで2回戦に進みました。

次なる相手は、いかにも強そうな社名だったのですが(興味がある方はTJKサイトの大会結果 をご覧ください)、案の定…。

16対1

これはレベルがまったく違う」…。悔しさよりもびっくりのほうが強かったとのことですが、相手チームはその後も全試合コールドゲームで勝ち進んで決勝進出。やはり優勝チームだったのでした。自分たちだけがめちゃめちゃ弱かったわけではなかったようで、よかったですね(涙)。

優勝チームと最初の試合で対戦した運のないチームは、その後もツキに見放されました。今年は雨がやたらと多く、20回の練習日のうち10回が雨、雨、雨…。

真夏の練習に備えてベースボールTシャツを新調したのが、ささやかな成果(?)だそうです。うーん、厳しい。来期こそは、ぜひ勝利を!

大会といえば、「第17回TJK事業所対抗フットサル大会」に出場したフットサル部も1次予選敗退。ニュースとしては寂しい1年でしたが、2018年に向けてニューフェイスが加入したことが最大の喜びです。自動車教習所向けの教育システムで圧倒的なシェアを誇るグループ会社:ノイマン の社員なので、走る方向を間違えたりすることはないでしょう。

次回の「2017総決算!ソルクシーズの部活成果発表会」は、いよいよ最終回。

ビッグバンドをやりたい社員が集まって結成されたSEC(ソルクシーズ・エンターテインメント・クラブ)と、本業と部活の境目がわからなくなるIT技術研究会に加えて、来期から部活動に昇格することが決まった新たな活動を紹介します。

文化系部活動の取り組みをレポートする【新企画準備編】。ぜひお読みください

特集内の記事

ページTOPへ