品川神社

今回はお仕事の成功・財運UPを願って「一粒万倍の泉」があるという品川神社に詣でました。

品川神社は「東京十社」※1 に指定されていたり、「東海七福神」※2 の”大黒天”担当だったりで、何度か訪れたことはありましたが「一粒万倍の泉」にお参りするのは初めてです。


※1 明治初年に准勅祭社(じゅんちょくさいしゃ)と定められた東京近郊の10の神社(根津神社・芝大神宮・神田神社・日枝神社・亀戸天神社・白山神社・品川神社・富岡八幡宮・王子神社・赤坂氷川神社)。

※2 品川神社、養願寺、一心寺、荏原神社、品川寺、天祖諏訪神社、磐井神社

 

訪れたのは2月の中旬。境内には白梅・紅梅がちらほらと咲き始めています。「一粒万倍の泉」は、奥に鎮座する末社(阿那稲荷杜)にあります。以下は泉の脇の立て札から抜粋です。

●印鑑・銭にこの霊水を注ぐが吉。
●持ち帰りて家・店の入口・四隅にそそぎ、清く明るき心を持って暮らし・商売するが吉。
●そそぎし銭の一部は門前の商家にて使用するが吉。

この動画は株式会社スプラシア社のCocoMovieで作成しました。
*CocoMovieは、ただいまお試し期間中につき動画制作(通常5,000円~)が無料。

 

祈願を終えて、そのままぶらぶら神社の裏道を歩いていたら「え?板垣退助の墓?」。
有名な「板垣死すとも自由は死せず」というセリフが書かれた石碑もありました。

 

品川神社ご朱印_mini
久しぶりにご朱印を書いていただきました。あっさりシンプル。

 

荏原神社_mini
品川神社と朱印争い(!)をした「荏原神社」にも寄りました。こちらは緋寒桜がもう満開。

特集内の記事

ページTOPへ