源覚寺(こんにゃくえんま)

後楽園の先の小石川近辺に用事があり、Googleマップで調べていたら
不思議な交差点名に目がとまりました。

「こんにゃくえんま前」。。。こんにゃく?さらに、えんま……?

ということで行ってみましょう。今回は「源覚寺」またの名を「こんにゃくえんま」にお参りしました。

源覚寺は、眼病治癒を願う人々からの信仰を集めています。

その昔、眼病に悩むひとりの老婆が熱心に閻魔(えんま)様に祈りをささげました。閻魔様はこの老婆に己の右眼を与え、そのためおまつりされている閻魔像の右眼は黄色く濁っています。

老婆は感謝のしるしとして”こんにゃく”を供え続けたんだそう。こうして「こんにゃくえんま」と呼ばれるようになりました。

 

この動画は株式会社スプラシア社のCocoMovieで作成しました。
*CocoMovieは、ただいまお試し期間中につき動画制作(通常5,000円~)が無料。

 

 

お守り

ご住職が「出かけていて」ということで、ご朱印は書いていただけず。お守りを買いました。

特集内の記事

ページTOPへ