目指せ\10万 節約生活

医療費控除って知ってる?

「医療費控除」は、お医者さん代が安くなるという話ではないわよ。
給与なんかの収入があって、所得税という税金を納めている人が得する制度なの。

病院で払った診療代、薬局で買ったお薬代、それらの合計金額が10万円を超えたときに、超えた分だけ収入から控除されるわけよ。
「医療費控除」は家族単位だから、家族が多い人は意外に多額になっているかもね。
合計するのは、1月1日から12月31日分。それで次の年の2月中旬から3月中旬に「確定申告」(これは聞いたことあるでしょ)をして税金をギュっと取り戻すのよ。
薬局
<OKなもの> 一般的な診療代は全てOK。例を挙げると
・急病にかかったり(急性アル中になって救急車で運ばれてもOK。迷惑だけど。。。)
・事故にあったり
・子供を授かったり
・入院しちゃったり
・高い歯を入れてみたり(限度があるけど)
・・・医療行為とみなされるものは、みんなOKよ!

ドラッグストアでバンドエイドを買ってもOK、病院へ行くのにタクシーに乗った場合のタクシー代もOK。
でも、健康保険組合などから補てんされるものは医療費から引かなくてはいけないの。
でもでも、任意で加入している生命保険から出る手術費用なんかは引く必要はないわ、しっかりもらっておきなさいよ!

<ダメなもの>
・健康診断(人間ドック)の受診料
・美容整形の施術料(なんでこれがダメなのよ~~今までいくらかかっていると思ってんのよ!!ブツブツ・・・ふんっ)

そんなわけで、「OKかな?」と迷ったら領収書もしくはレシートを1箇所にまとめてとっておくの。
OK or ダメの判断は、税務署というところの人に任せればいいから。
病院でもらう診療代の領収書は、再発行してくれないところが多いから気をつけてね。

<わたしは医者とは縁がないのよ~>という人は忘れていいのよ~。

【わっちから一言】
医療費の領収書

 

 

次回は、「社会保険料はどうやって決まる?」について、解説します。

特集内の記事

ページTOPへ