月別アーカイブ

セクシーなダンスでボランティア指南 Abeta Atsukoさん

今回は「自分も周りも幸せになるボランティア」というテーマで、ベリーダンサー:Abeta Atsukoさんにお話をきいてきました。Atsukoさんは旦那様、お子さん二人とカナダ/トロントにお住まいですので、メールインタビューにてお話をうかがいました。      -ボランティアでダンスを披露されているということですが、主にどんな活動をしているのですか? 現在、老人ホーム※でボランティアしています。その […]

新・東京五社巡り-1.東京大神宮

新・東京五社、ご存じですか? もともと歴史的に格式が高いとされる神社として、日枝神社、明治神宮、靖國神社、大國魂神社、東京大神宮が「東京五社」と呼ばれています。 これに対し、とあるスピリチュアルカウンセラーさんがパワースポット巡りとして提唱されたのが新・東京五社です。皇居を中心とした同心円状に位置する以下の五社を参拝するパワースポット巡りです。 ・東京大神宮 ・神田明神 ・水天宮 ・金刀比羅宮 ・ […]

3月のおすすめ アネモネ

パッと鮮やかに美しい色彩に心ひかれます。その姿は多くの美術品にも描かれているだけあって、絵画を見ているような感覚にもなります。 イギリスではwindflower(風の花)と呼ばれていて、早春の風が吹くころに、風の力をかりて花を咲かせるから、とか、種が風に乗って遠くまで運ばれて花を咲かせるから、などの様子からこの呼び名がついたそうです。また、ギリシャ語の「風」をあらわす「アネモス」に由来するとも言わ […]

東海道の第一宿(後編)

“東海道の第一宿:品川”の史跡めぐりをテーマに、田町駅前から『品川宿本陣跡』を目指している。前編はこちら ---------- 再び第一京浜に戻り、泉岳寺から約15分で品川駅に到着。 歩道脇に“明治五年五月七日 品川横浜間鉄道開通”と記され、裏面※には当時の時刻表と運賃表が書かれた『品川駅創業記念碑』が建っている。 ※第一京浜の歩道側からは記念碑の裏面が見える。 <当時の運賃は片道で、上等1円50 […]

東海道の第一宿(前編)

本コーナーも最終回。「散歩がてら史跡を訪ねる」体で、複数のスポットをご紹介する。今回のよりみちスポット、テーマは“東海道の第一宿:品川”。 ---------- JR田町駅西口から散策開始、目指すは『品川宿本陣跡』だ。国道15号(第一京浜)を品川方面に向かって出発する。 5分ほどで『札の辻』交差点。名称の由来は、ここに高札場(こうさつば)※が設けられていたことによる。東海道から江戸への正面入口で、 […]

番外編 女一人セブ出張記

こんにちは、Abbyです。このたびセブ(フィリピン)のオフィスで2週間勤務してまいりました。 初めての単身出張(出張:business trip)で、ビーチリゾートから、スタッフのバースデーディナー、現地のメイン交通手段ジプニー、激安バッタ物マーケットなどなど、今まで知らなかったリアルなセブをいろいろ体感することができました。 各場面で使った英語フレーズを、ちょこちょこおまけで紹介していきます。 […]

浅草寺

都内最古の寺院であり「浅草観音」の名称で知られ、 日本全国どころか海外のお客様も含め年間約3000万人もの参詣者が訪れる浅草寺。 個人的には夜の参詣がおすすめです。 開堂時間を過ぎると真っ暗になってしまう寺院が多い中、浅草寺では「夜のライトアップ」を行っています。照明デザインを担当したのは、六本木ヒルズ森タワーなどのライトアップも手がけた照明デザイナーの石井幹子さんです。伽藍の朱色を最大限に活かす […]

コラボレーションツール普及の課題(2)

コラボレーションツールを普及させるため多くの企業で様々なアイデアが試されています。 しかし、これだ!と決まった方法がないのが実情です。 私がオススメする二つのポイントはこれです。 ●導入の目的をはっきりと明文化しておくこと。 社内 SNS は使い方で業務に寄与する割合が大きく違ってきます。また、当初の導入目的がはっきりしていないと運用もどんどんブレていきます。 トップダウン、ボトムアップのどちらで […]

ビルと一体化、虎ノ門のお宮さん

虎ノ門の一角に鎮座するお宮さん。都心ならでは、というべきか、境内にオフィスビルがそびえたっている。今回のよりみちスポットは”オフィスビルと一体化したお宮さん”。 ---------- 銀座線・虎ノ門駅から虎の門病院やホテルオークラへ向かう途中、駅から1~2分のところにある「虎ノ門金刀比羅宮(ことひらぐう)」 (港区虎ノ門一丁目2番7号、TEL:03-3501-9355)。境内の面積は約3305.7 […]

第5回:督促のメール

こんにちは、グレイテルです。 この特集は、システム開発部門女子と管理部門男子に、共通のシチュエーションでメールを書いてもらい、部署※や性別による違いをくらべてみようという企画です。 さて今回は何が見えるでしょうか? ※「ソルクシーズ」の部門情報はこちら。 *********ミッション********* 機器販売部門の担当者となって、主にお客様やメーカーに対するメールを書いてください。 ****** […]

1 / 212
ページTOPへ