月別アーカイブ

『いまイルモ』FAQ

これは困った!プライバシーは守られますが・・・

お陰様で「感じすぎるセンサー?大実験!( 前編 ・ 後編 )」は大きな反響をいただきました!ご愛読ありがとうございました。 今回の連載は『いまイルモ』を使っていただいているユーザー様、そして、製品を取り扱っていただいている代理店様からのアンケートを元にしていますが、今回はその回答の中から「プライバシー」について取り上げてみます。 ————— […]

続・セブ島日記

第3回:侍、聖週間に男を見せる

大好評!!の声が聞こえて来ぬが「そうであると信じればそうなる!!」と思い日々を過ごすSAMURAI小次郎でござる。今回も宜しくお願い致す。 3月29日から4月4日はキリスト教の聖週間※にあたり、キリスト教国のフィリピンでは国民行事になっておる。 特にキリスト殿の受難日とその前後の3日間(木金土)と復活祭(日曜日)は特別とされ、木曜日、金曜日も祝日となる。 ※聖週間(Holy week):キリストの […]

第2回 「音が見える」ってどういうこと?

株式会社イー・アイ・ソルが実現する「音の見える化」。 音というものは、耳から入ってきて脳で感じるもので、音そのものが見えるわけではありません。では、「見える化」とはどういうことなのでしょうか。 その答えを出す前に、騒音や異音をなくすために、どういう情報が必要なのかについて考えてみましょう。 まずは、音の大きさ。前回、環境省が騒音基準を「デシベル」という単位で明示していると紹介しましたが、デシベルと […]

4月のおすすめ すずらん

小さな小さな鈴のような花が、うつむきかげんでひっそり葉に隠れて咲いているような姿から「君影草」との呼び名もあります。 ドイツでは「5月の小さな鐘」と呼ばれ、なんとも可憐で愛らしい花です。 さわやかで品のある香りもうっとり心地よく、バラ、ジャスミンと並んで世界三大芳香とされ、香水や石鹸の香料などにも使われています。「聖なる香り」と言われ、好きな人にふりかけると両想いになれる!というジンクスもあるとか […]

第1回 毎日聞こえてくる、音のハナシ

オフィスで仕事が一段落ついたとき、交差点で信号待ちをしているとき、カフェで本を読んでいるとき。 少しだけ目をつぶって、流れてくる音に耳を澄ましてみてください。仕事の音、生活の音。私たちは、日々の時間をさまざまな音とともに過ごしています。すべてが心地よい音ならいいのですが、騒がしく感じる音、耳障りな音が多いのも事実。 環境省は、環境基本法に基づいた「騒音に係る環境基準について」のなかで騒音のレベルを […]

新・東京五社巡り-3.水天宮 / 金刀比羅宮

新・東京五社巡り、3社目、4社目は一緒に紹介します。 ※新・東京五社については、第1回目の記事をお読みください。 ‐‐‐‐‐ ”安産”・”子授け”のご祈願で有名な「水天宮」。地下鉄新宿線・浜町から徒歩1分。近くにはスポーツセンターがある「浜町公園」や「明治座」があります。 お名前の通り”水の神を祀る神社”ということで、境内に入ってすぐに河童の像が立っています。そのそばで、赤ちゃん連れのご夫婦から「 […]

第6回:お詫びのメール(お客様宛て)

こんにちは、グレイテルです。 この特集はシステム開発部門女子と管理部門男子に、共通のシチュエーションでメールを書いてもらい、部署※や性別による違いをくらべてみようという企画です。 さて今回は何が見えるでしょうか? ※「ソルクシーズ」の部門情報はこちら。   *********ミッション********* 機器販売部門の担当者となって、主にお客様やメーカーに対するメールを書いてください。 […]

『いまイルモ』FAQ

感じすぎるセンサー?大実験!(後編)

前回は、ある代理店様にいただいたアンケートのご回答をもとに、センサーに関する実験の様子をご報告しました。 今回は「感じすぎるセンサー?大実験!」の後編です!   ※1日目の実験の様子(前編の記事)はこちら>>   ■2日目:釣りバカ日誌?! 自宅から持ってきたものを机に並べて実験続行。 出て来たものは“釣り竿にリール”、そして、“ドライヤー”! 何に使うの? 【奥さ […]

続・セブ島日記

第2回:拉麺を求め彷徨う夫婦

元気にしておるか? 隔週登場のSAMURAI小次郎でござる。 前回軽く登場したが、今年に入ってから女房が同行して毎日拙者のために飯を作ってくれておる。ありがたいことだ。 週末ぐらいは女房にも休んでもらおう。「そうだ、おいしい日本のラーメンを食べに行こう!」と思いたって、セブで最新のショッピングモール:JCentre Mallにある日本料理店に行くことにした。 JCentre Mallは、タクシーに […]

新・東京五社巡り-2.神田明神

新・東京五社巡りの2社目は「神田明神」です。 ※新・東京五社については、第1回目の記事をお読みください。 ‐‐‐‐‐ ”江戸総鎮守”として、幕府はもちろん庶民にいたるまで多くの人々の崇敬を受けた「神田明神」。現在の正式名称は「神田神社」。 先日参詣した「東京大神宮」が女性的な気に溢れていたのに対し、平将門を御祭神のひとりとして祭っているこちらは、男性的な気に溢れています。 徳川家康公が関が原の戦い […]

1 / 212
ページTOPへ