エンジニア奮闘記

エンジニア目線の注目家電&AV機器【これはおもしろい!編】

「家電・AV機器大好き」なシステムエンジニアが注目の商品をピックアップする「エンジニア目線の注目家電&AV機器」企画。第1回の【激アツIoT編】 に続く今回は、おもしろさ重視で選んでいただきました。

ソルクシーズのSEが盛り上がった3大商品は、「Apple Pay」「Apple Watch」「PlayStation VR」。スティ-ブ・ジョブズをリスペクトし、ゲーム大好きな方が多いシステムエンジニアらしいチョイスです。

phone and hand watch on wood desk top view

アッポーペン…失礼しました。「Apple Pay」は、別ないい方をすると「iPhone 7FeliCa対応」。システムエンジニアのみなさんが異口同音に語ったのは、Suicaやクレジットカード、各種電子マネーカードをiPhoneApple Watchにまとめてしまえるというその機能よりも、

あのアップルが日本限定対応に踏み出した!ついに歩み寄ったか!?

という驚きと感動でした。

Apple Pay」自体は、既にアメリカ、イギリス、中国で始まっているのですが、日本では自社技術ではなく、ソニーがライセンスを持っているFeliCaに対応。全世界共通モデルを貫いていたiPhoneがおサイフケータイ!?というインパクトは、技術者にとっては相当強かったようです。

さらにアップル製品コレクターのエンジニアからは、「Apple Watch Series2」を推薦していただきました。

GPS機能がなく、スマートウォッチとしては使い勝手が悪かった初代と比べると、50メートルの耐水性能、GPSApple Pay、心拍センサーなどのワークアウト機能を装備したSeries2は、より軽快なiPhoneであるとともに、秀逸なスポーツウォッチでもあります。

Mobile GPS navigation travel concept. Smartphonewith pin on city

いや、アップル・マニアにとっては、そんなことはどうでもいいのかもしれません。手元にApple Watchがチラっと見えているステータス感こそが重要という方も多いでしょう。

ウンチクやマニアックな話が多いアップル製品と比べると、「PlayStation VR」については「とにかく体感してみたい」というピュアなコメントが目立ちます。

対戦ができないポケモンGOは発展途上。やるかどうかは今後の展開次第」と、あれだけ流行ったゲームにもクールにコメントするのがシステムエンジニアなわけですが、技術に対する好奇心が旺盛で、いいもの・おもしろいものを率直に評価するのも彼らの特徴です。

今回聞いたなかで、最高にマニアックだったのが「メッシュ」です。

シロウトからすると、「さまざまな機能を持ったブロック形状の “MESHタグ” を”MESHアプリ” でつなげることにより、あなたの『あったらいいな』を実現…」という公式サイトの説明から既に「???」。

簡単にいうと、身の回りのものにタグを取り付け、アプリでつないで新しい機能を持たせることができる「電子工作アイテム」です。

「残量がわかるティッシュ箱」「トイレの空き状況チェックシステム」などを簡単に作ることができ、理屈がわかると確かにおもしろいのですが、いやー、知りませんでした。技術に関する情報収集の速さと、遊び心たっぷりのものづくりマインドが高いからこそ、難易度の高い仕事にもポジティブに向かえるのでしょう。

pixta_2165613_S.jpg

Apple PencilのためにiPadを買い換えました!」「電子タバコ:IQOSは画期的でしょう」「シャープの蚊取り線香付き空気清浄機は高付加価値!(正しくは蚊取り機能搭載のプラズマクラスター空気清浄機です…)」などなど、すべて聞いていると収拾がつかなくなります。

2017年の新商品を紹介する第3回は、ニッチ商品・ピンポイントの技術が優れた家電&AV機器を解説していただきましょう。

ソルクシーズで働くエンジニアたちの仕事ぶりが知りたい方はこちら。
solxys-recruit2

 

特集内の記事

ページTOPへ