ソルクシーズで働く人々

ソルクシーズの中途入社社員に聞いた! システムエンジニア転職ビフォー・アフター【前編】

「今の仕事は自分に向いてない」「キャリアアップしたい」「もっと給料を上げたい」…。現状に不満あり、将来に不安ありなど、システムエンジニアとして活躍している方が転職を考える理由はさまざま。

初めての転職となると、どんな観点でキャリアプランや次の会社を選べばいいのか、悩む方も多いでしょう。今回は、株式会社ソルクシーズに中途採用で入社したシステムエンジニアにインタビュー。

転職を考えるようになったきっかけ、会社選びの視点、入社の決め手など、体験談を聞いてみました。

m6

最初に入社したメーカーではシステムエンジニアとしてキャリアを積んで、2社めではシステム関連の知識と経験を活かして営業をしていました」。社会人経験20年以上のベテランAさんは、30歳目前と、35歳前後がキャリアについて考える時期だったとのこと。

最初の転職では、学歴偏重の社風への不満と、将来が見えなくなったことがきっかけとなり、思い切って違うことをやってみようと畑違いの印刷業界で営業にチャレンジ。「このまま歳を取っていいのかなという気持ちが強く、システム以外の専門知識をつけようと資格取得のためのスクールに通ったりしていました」。

結局選んだのは、メーカー時代の経験を買ってくれる会社で、人に会う仕事は楽しかったそうです。しかし、35歳を過ぎて、もう一度キャリアについて思い悩むことになります。

売る仕事をしているうちに、システム開発の世界に戻りたくなりました。結婚をする直前だったこともあり、条件に対するこだわりも強かったですね

転職先を検討して、残ったのは今の会社と外資系のシステム関連企業。外資系の会社からは「死ぬ気でがんばってほしい」といわれ、立ち止まったそうです。「こちらのほうが条件はいいけれど、それでいいのだろうか」。

pixta_19518389_S

最終的に会社を選んだ決め手は、面接官の雰囲気、自分が培ってきたスキルが直接活かせること、いろいろなことがやれそうという期待感でした。「言語に関してはマスターする必要がありましたが、2~3ヵ月ですんなり覚えられました。2社めの営業経験が、顧客とのコミュニケーションで活かすことができ、SEとしても即戦力となれたのではないでしょうか」。

当時の上司に「Aさんを採用した決め手」についてコメントをいただきました。
誠実さと必死さが前面に出ていたので」とのこと。

 

入社前に描いていたイメージと、実際に働き始めてからのギャップはありませんでした。ひとつのお客様とじっくり向き合える仕事は、いろいろな会社とおつき合いする営業とは違ったおもしろさを感じるそうです。

転職を考えている方にアドバイスをとお願いすると、「すべての希望が満たされる会社はないので、不満や戸惑いはあると思いますが、選んだのは自分。目の前の仕事をしっかりこなしていくことで、発見もあるし成長の道筋も見えてくると思います」と語ってくれました。

自分がやってきたこと、できることを把握し、どうしてもほしい条件を明確にすることが、背伸びし過ぎて失敗しないためのポイント。転職について漠然としたイメージしかない人は、自分の今までの足跡を整理してみることから始めてみるといいのではないでしょうか。

「ソルクシーズ」社員の働き方について詳しくわかるぺージはこちら。

採用情報バナー

特集内の記事

ページTOPへ