エンジニア奮闘記

学生&転職希望者注目!未経験からシステムエンジニアをめざすには?

システムエンジニアという仕事に「ちょっとカッコよさそう」と興味はあるものの、具体的な仕事内容まではわからないという方も多いのではないでしょうか。パソコンに向かって何かを作っている人と思っている方は、おそらくプログラマーと混同しています。

システムエンジニアの役割を簡単にいうと「依頼されたシステムを設計し、完成に導く人」です。システム関連企業への就職を考えている学生のみなさんや、未経験からの転職を検討している方に、仕事内容を理解していただくために一般的なシステム開発の流れを紹介しましょう。

どんなシステム開発でも、最初に実施するのはヒアリングです。依頼者がシステムに詳しくない場合は、実現したいことを汲み取ってどんなシステムなら可能かを考えます。開発するシステムの機能を具体化することを「要件定義」といいます。依頼者に内容を確認いただき、承認を得るとシステム開発がスタートします。

pixta_27476003_S
システム全体の骨組みを作る「基本設計」、個別のソフトウェアの仕様を決める「詳細設計」が終わると、プログラマーがそれぞれのプログラムを作成。個別のプログラムが適切に動作するかを確認する「単体テスト」、複数のプログラムの連携をチェックする「結合テスト」を実施し、最終チェックを経てカットオーバーとなります。

お客様のニーズを把握するコミュニケーション能力、コストや機能を考えて最適なシステムを設計するための関連知識が必要な仕事です。

大学や専門学校で学んでいない人の就職・転職は難しいイメージがありますが、人手不足の会社が多い業界ですので、未経験からシステムエンジニアになることも充分可能です。

その際に、基本的な知識を証明するIT系の資格や、独学でもプログラムを作った経験があれば、入社してからOJTで指導すれば仕事をまかせられそう、と期待してもらえることもあります。

そしてもうひとつ、中途採用で評価されるのは業界経験や知識です。金融業界、不動産業界など特定の業界のサービスや業務について知見がある方は、それぞれの業界のシステム構築やパッケージ・サービス開発を担うエンジニア候補として採用されることがあります。

資格や技術を取得して熱意を伝えたり、これまでに培ってきた経験が有利になる会社を選ぶなど、スムーズに第一歩を踏み出すためにできることはいろいろあります。

「未経験からシステムエンジニアをめざせるのか」と悩んでいる方は、履歴書や職務経歴書で何をアピールできるのかをしっかり整理して、ぜひチャレンジしてみてください。

solxys-recruit2

特集内の記事

ページTOPへ