エンジニア奮闘記

ソルクシーズの新人に聞いた「システムエンジニア・初めてのお仕事レポート」②

システムエンジニアとしての初めての仕事に対する印象や、入社前に抱いていたイメージとのギャップなど、ソルクシーズの新入社員が現場目線で赤裸々に語るお仕事レポート。

第2回は、大学では環境系の学部で学んでいたBさんです。ソルクシーズが大学で開催していた説明会に、ふらっと立ち寄ったのが入社に至るきっかけ。

大学時代に情報工学の授業があり、システムエンジニアに魅力を感じていたBさんは、話を聞いているうちに「ここならおもしろいことができる」と確信したそうです。内定を出してくれた会社はいくつかあったものの、迷いなくソルクシーズで働くことを決意。
pixta_16243890_S
入社してから最初の3ヵ月は、SEとして必要な基本的な知識・技術をマスターする研修を受講しました。「Javaのプログラミングから始まり、データベース連携やWeb技術、と段階を追って進み、最後はグループワークでのプロジェクト型演習もあり、充実した内容でした」。

7月に配属されたのは、新しいサービスの導入を検討している部署でした。ミッションは、クラウドサービスと複合機の連携機能を充実させること。「システムエンジニアとしての知識や技術もさることながら、自社のサービスについて理解を深めないといけないと痛感しました」。

先輩にいわれたとおりにやればいい仕事ではなく、自ら考えて作り、新機能リリースまで完結できることにやりがいを感じているとのこと。出来上がっていく過程に触れられるおもしろさと、進むにつれて増えてくる不具合にきちんと対応しなければならない大変さを同時に感じながら取り組んでいるそうです。

現場に入ってから先輩と話す機会が増えて、あらためて凄い人が多いなと感じるようになりました。自分の席の両隣にいる先輩は、こちらの質問が曖昧だったり整理がついていなかったりしても、いつも的確に答えを返してくださいます。

将来のビジョンはまだはっきり見えていないのですが、まずは目の前の仕事をしっかり形にして、システムエンジニアとしてさまざまな経験を積んでいけたらと思います。

これから就職活動を始める後輩に、会社や仕事について聞かれたら「忙しいけれど、間違いなく成長できると思う」といいたいと語るBさん。

入社してからいちばんうれしいと感じたのは、今の仕事をまかせてもらえたことですね。新機能をリリースできたとき、どんな達成感を味わえるのか、今から楽しみです」。

特集内の記事

ページTOPへ