コンテンツ東京2016(2016/06/29 – 2016/07/01)②

コンテンツ東京2016』に行ってきました。

東京ビッグサイトで行われた業界関係者のための商談会です。イベント詳細は「コンテンツ東京2016(2016/06/29~2016/07/01)① 」をご覧ください。

この記事では「特別講演」その2と展示会場の様子をレポートします。

 

●特別講演7/1 ①:小説、音楽、ゲーム、絵画… 人工知能が「作品」を生みだす日

公立はこだて未来大学教授 松原 仁(まつばら ひとし)さんの講演。

特別講演0701①

公立はこだて未来大学、といえば、ショートショートの新人賞である『星新一賞』(日本経済新聞社主催)に人工知能が制作した作品を応募し、1次審査を通ったことで話題になった大学。ソルクシーズグループでもこの大学の卒業生が働いています。

小説を制作したのは、松原教授が中心になって進められている『きまぐれ人工知能プロジェクト 作家ですのよ 』。

この講演では、前半で「将棋」や「碁」の対戦で人工知能がプロ棋士を破った例とその理由を紹介し、後半で「人工知能による創作」について紹介していました。

講演内で紹介されたプロジェクト紹介動画『コンピュータが小説を書く日20160323。 』。

ワンクリックで次々と小説が生み出されていく様子が見られます。こうして制作された作品のなかから“人間が読んで”「これはよさそう」と思うものを応募したそう。

現時点ではまだ、シナリオ(小説にどんな要素を入れるか)を与えたり、どのような表現が面白いか判断したりは人間が行っているので、その関与を減らすことが今後の課題、ということです。

 

●特別講演7/1 ②:AI-人工知能でコンテンツ制作はどう変わる ~人工知能とクリエイターが共存共栄する未来~

株式会社Qosmo代表取締役CEO 徳井 直生(とくい なお)さんの講演。

特別講演0701②

徳井さんによる人工知能(=AI)の定義
「賢そうに見える行為を“もうちょっとで”実現できそうなしくみ」。

つまり「実現しちゃった技術は、もはやAIではない」ということ。よくわからないけどなんとなく【最先端】感が漂うAIについて上手く表現した言葉だと思います、

もうひとつ興味深かったのは徳井さんが提案した「AIとのつき合いかた」。

AIを利用していろいろな処理をすると、最初はたくさんの間違いをします。例えば、画像認識で「釣られた魚」と「戦場で傷ついた人」を同じものと判別したり。。。(いずれも血を流してぐったりしている)。人間はこれを別々のものと認識します。それは人間の“良識”に基づいた判断から来るものでしょう。

徳井さんの説に従うと、これを「間違い」としないで「新しい捉え方」として活用することがAIを生かすつき合い方、ということになります。

これを聞いて、部下(自分より経験やスキルがないと思っている存在)との仕事の仕方に似ているな、と思いました。既知の価値観で切り捨てないで、相手の視点を取り入れて自分の視点をブラッシュアップしていく。新時代の働き方のひとつだと考えます。

 

●展示会場レポート(「AI・人工知能ワールド」「プロダクションEXPO」「先端コンテンツ技術展」)

「映像・CGゾーン」では、【プロジェクションマッピング】が目につきました。ライブイベントやアミューズメント施設でも目にすることが増えてきた技術ですね。

プロジェクションマッピング
着物姿の女性と猫ちゃんが一瞬のうちにガイコツに。。。

 

バイク

VR(バーチャル・リアリティ)技術を利用した体感ゲームが大人気。10分待ちの行列です。

 

ロボット

精巧なつくりのロボット(アンドロイド)も!

 

「観賞魚ロボット」なんてのも!

観賞魚ロボット

ピカピカ光りながら泳ぐ錦鯉。

 

”わくわく”する華やかなコンテンツの裏には、連綿と磨かれてきた技術や、それを活用して地道に開発に取り組むエンジニアの存在がある、ということも感じられた展示会でした。

特集内の記事

ページTOPへ