業務効率化

「Fleekdrive」は、東京の「働き方改革」をサポートします!

いきなり「働き方改革」といわれてもピンと来ない方もいるかもしれませんが、「小池都知事が、通勤ラッシュを何とかしたいとおっしゃってましたよね」と聞けば、ご存知の方が多いのではないでしょうか。

pixta_25913828_S

今年から2020年まで毎年、東京オリンピックの開会式が行われる7月24日に、通勤電車の混雑を解消するための試みが東京の通勤圏全域で実施されます。 「テレワーク・デイ」と名付けられたこのトライアルは、2012年のロンドンオリンピック・パラリンピックで初めて実施されました。

世界最大のイベントが開催される期間は、大勢の観光客がロンドンを訪れるため、交通機関の混雑により通勤に支障が出ると予測し、これに対して市の交通局が呼びかけたのは「時間差通勤」です。

在宅勤務やモバイルワークで仕事をこなし、普段とは違う時間に電車を利用しようというアイデアに、ロンドン商工会議所をはじめ、多くの企業が賛同。会期中の混乱を回避するとともに、生産性や従業員の満足度がUPし、ワークライフバランスの改善のきっかけとなった企業もあったそうです。

heart_line02

今回、東京が実施する「テレワーク・デイ」は、「10時30分までの間は在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス勤務などで働き、通勤ラッシュの緩和に協力しましょう。トライアルに参加した企業は効果検証をしていただき、プラスがあればテレワークを導入しましょう」というものです。

オリンピックを成功させつつ、従業員満足度の向上やエネルギー節減などの成果があれば働き方改革につなげようとするこの運動を、株式会社ソルクシーズも応援します!

「いつでも・どこでも」チームで共同作業ができるファイル共有システム【Fleekdrive】が、テレワーク活用を進めたい企業の役に立てるのではないかと考えたからです。

【Fleekdrive】の特徴を簡単に紹介しましょう。

ファイル共有システムといっても、ファイルを管理して組織のメンバーが閲覧できるだけではありません。コンセプトは「ファイルコラボレーション」。チャットしながらファイルを同時編集したり、ファイルを閲覧できるURLを発行してお客様に直接送信するなど、コミュニケーションサポート機能の豊富さが最大の魅力です。

セキュアな環境でファイルを管理でき、アクセス権限設定で閲覧できる人を制限することも可能。動画の受け渡しや再生もOKで、「Photoshop」「Illustrator」で作成したファイルも閲覧できる等、幅広い作業に対応しています。

「早朝に必ず作業しなければならない業務がある」「問い合わせが入ったらいつでもファイルを見ながら対応しなければならない」部署でも、テレワークで安全に仕事を進めていただくことができます。

社員の働き方改革を検討している企業の方や、組織の業務効率化を進めたい方は、ぜひ一度「無料トライアル」を利用してみてください。

Fleekdrive」の公式サイトは、こちらです。

fd_yoko

特集内の記事

ページTOPへ