【ソルク】のニュース

【いまイルモ】TV取材報告:ブラジルで放映されるかも?!

【いまイルモ】は毎年、アジア最大の福祉機器展である「国際福祉機器展」に出展しています。

前回、10月7日~10月9日に開催された「第42回 国際福祉機器展H.C.R.2015」に出展した際に、ブラジルのTV局の取材オファーがあり、【いまイルモ】のユーザー様宅の取材に同行しました。放送に先駆けその様子をご報告します!

 

■ ブラジル最大のTV局?!

今回取材に来たのは、ブラジルのTV局「TV GLOBO」(テレビ グローボ)です。直訳すると「テレビ世界」でしょうか? 語順は「テレビ東京」や「テレビ神奈川」「テレビ埼玉」に似ていますが、さすがブラジル、「テレビ世界」とはスケールが違います(笑)。

取材目的は「日本の介護福祉事情を取材して、ニュース番組中のコーナーで紹介する」とのこと。他に、高齢者施設でのロボット利用の現場等を取材したそうです。

■ リポーターはガイジン?!

今回の取材は年の瀬、12月の某日でした。ユーザー様宅で待っていたら、お約束の時刻ピッタリにいらっしゃいました(外国の方は時間にルーズ……なんて嘘っぱちですね)。

TV GLOBOの取材スタッフは3人。プロデューサーは日本人のようですが、カメラマンの方は日系人のようです(日本語はご堪能でした)。

そしてリポーターは何とブラジルの方で日本語は全くしゃべれません!どうなる事かと思いましたが、日本人プロデューサーがポルトガル語ペラペラで、通訳を兼ねていらっしゃいましたのでひと安心。

それに、リポーターはとても物腰が柔らかく、笑顔が素敵で感じの良い方でした。プロデューサーにお聞きしたら、リポーターのMarcio Gomes(マルシオ ゴメス)さんは、リオデジャネイロ出身で、TV GLOBOの制作拠点があるリオデジャネイロから2年前に特派員として来日されたそうです。リオ出身の方を“カリオカ”と言いますが、カリオカは陽気だというのは本当ですね。

MarcioさんはリオデジャネイロではニュースキャスターとしてTVに出演していて、現地では知らない人はいないほど有名な方だそうです。

Marcio Gomes Marcio Gomes
【マルシオ・ゴメスさんは気さくでとっても良い方でした!】


■ さすがに慣れています

まずは取材の下準備です。

プロデューサーとリポーターのMarcioさんが、我々サービス提供者に質問をして【いまイルモ】の製品特性について理解をされました。

続いて、今回取材を受けるユーザー様と色々なお話をされ、リポートの内容を組み立てながら、取材を受ける方が緊張しない様に雰囲気作りをされていました。

それと並行してカメラマンはいわゆる“ブツ撮り”をされていました。壁に付けた【いまイルモ】センサーはもちろんのこと、見守る側が使うスマホの画面、あとは、日本家屋らしい画を探してあちらこちらにカメラを向けています。

ユーザー様宅にはサザエさんちのように縁側があり、カメラマンは庭越しに縁側から撮影した画について「いい画が撮れた!」ととても喜んでいました。ユーザー様は手芸が趣味とのことで、ご自分で作られた「吊るし雛」を、Marcioさんが気に入った様子でした。

いまイルモ
【撮影前に事前ヒアリング中】

いまイルモ
【いまイルモのブツ撮り!】

吊るし雛
【吊るし雛を気に入るマルシオさん】

いまイルモ取材 いまイルモ取材
【カメラマンは縁側からの画をお気に入り!】

■ リポート開始!

下準備の後、リポート開始です。Marcioさんは先ほどまでのユーザー様とのやり取りの中で、リポート冒頭のしゃべり出しの台本を頭の中で組み立てていたようす。いきなりすらすらとしゃべり出したことにとても驚きました。

が、いざ口に出してみると上手く言えなかったようで、4、5回撮り直しをしていました。その後はプロデューサーの通訳を介して、ユーザー様へのインタビューが続きました。

いまイルモ取材 いまイルモ取材
【ユーザー様へのインタビュー中】

 

□■□*□■□ インタビューの内容はこんなかんじ。 □■□*□■□

Q. 「いまイルモ」の設置が決まった時にはどう思いましたか?
A. 「老いては子に従え」と思いました。

Q. 設置後にトラブルなどありませんでしたか?
A. 一切ありません。

Q. 「いまイルモ」を設置してからはどう感じていますか?
A. 子供たちに見守って貰っているのでとても安心しています。

Q. 日常生活のなかで、センサーに向かって動いたりするのですか?
A. いえ、普通に生活しています。

Q. お知り合いやお友達にも「いまイルモ」の話をしていますか?
A. 知人、友人には一人暮らしの人が多いので、話はしています。

Q. 一人暮らしはどのように感じていますか?
A. 主人と死別してから18年も経つので、もう慣れました。

Q. この御宅には長く住んでいると思いますが、何が何処にあるか?目を閉じていても判りますか?
A. そうですね、目を閉じていても判ります。

Q. 元気なうちは見守りシステムがあれば安心ですか?
A. そうですね。

Q. 一人暮らしで大事にしている事は?
A. 健康と友達です
続いて、同席されていたユーザー様の娘さんへもインタビューがありました。

Q. 見守りシステムを設置してから何か変わりましたか?
A. やはり、とても安心出来ます。

Q. 日本の家庭では同居かどうかはどうやって決めるのですか?
A. 最近は家族での話し合いで決めると思います。あとは家の広さや子供の家庭の事情などに依ると思います。

■ “ヤラセ”カット?!

続いて、実は【いまイルモ】の本当のユーザーである“見守る側”の撮影が始まりました。

先ほどインタビューを受けていたユーザー様の娘さんを表に連れ出し、普段【いまイルモ】を使っているシーンを想定したカットが撮りたいとの事。リポーターのMarcioさんからも「実家のお母様を訪ねる感じで、ドアをノックして家に入って欲しい」など色々な要求が飛び出していました(御宅にはチャイムがあったのですが(笑))。

いまイルモ取材 いまイルモ取材

いまイルモ取材
【“見守り側”使用状況の撮影中】

■ 放送されるのか?乞うご期待!

取材は予定通り1時間ジャストで終了しました。あまりの正確さに感心しました。

今回の取材内容は、ブラジル最大のTV局「TV GLOBO」(テレビ グローボ)のニュース番組の1コーナーで放送される予定・・・だそうですが、日時などは未定。

「TV GLOBO」の国際放送は、日本でも“スカパー!”で放送されているそうです。放送が決まりましたら改めて、当サイトでご案内いたします。

楽しい取材でしたので、放送されるといいな。

 

【いまイルモ 公式サイト】
imairumo-banner

 

※今回の取材と記事原稿作成は Mackyにお願いしました。
過去に Mackyが書いた【いまイルモ体験記】はコチラ。

 

特集内の記事

ページTOPへ