高齢者の負担や見守られ感なし…「いまイルモ」で実現 シアワセな見守り・4つのポイント

高齢者見守りサービスの利用を検討された方、気になって調べた方なら、多種多様なサービスがあることにお気づきでしょう。

何かあったときに、警備員が来てくれる「駆けつけ対応」、
決められた日に自宅に立ち寄ってくれる「定期訪問」、
健康や生活の悩みを聞いてアドバイスしてくれる「相談サービス」
などなど。

サービスの内容も費用もまちまちで、どれがいいのかわからなくなる方も多いのではないでしょうか。

人が来てくれたり、電話をしてくれたりするサービスが、手厚くてよさそうな気がする方もいるでしょう。あるいは、「安いのが一番」「手間をかけずに簡単に始められるのがいい」という方もいるかもしれません。
いまイルモイメージ1

実は、この見守りサービスは、目的や気になることによって、選ぶべきサービスが大きく変わるのです。

「何かあったときにだけ対応してくれればいい」なら、スタッフが来てくれたり、救急隊員を呼んでくれたりする「駆けつけ対応」を利用すればいいでしょう。

ただし、このサービスは、ご本人が誰かに助けを求めるか、周囲の人が異変に気づかない限りは誰にも来てもらえません。

駆けつけ対応は、あくまでも何かあったときの保険であり、「病気になってから、おばあちゃんが外に出たがらなくなった」「母がひとり暮らしになったので、元気でやっているか心配」といった方に向けて日頃の安心をもたらしてくれるものではありません。

高齢者の暮らしぶりや異変に気づけるようにしたい方には、どこで生活しているかがわかる「見守りサービス」を利用するのがいいでしょう。

このサービスには、カメラで監視するもの、スマートフォンアプリやセンサーなどで在室を感知するものなど、さまざまなシステムがあり、料金もまちまち。みなさんは、どんなサービスが安心ですか?
いまイルモ画面

見守り支援サービス【いまイルモ】を提供しているソルクシーズでは、シアワセな見守りサービスの条件は、以下の4つだと考えています。

1)見守られる高齢者に手間を取らせず、ストレスがない
2)見守られる高齢者のプライバシーが守られる
3)最低限の知りたいことが、ほぼリアルタイムで把握できる
4)簡単に始められる

たとえば、カメラを使ったシステムは、監視されている感覚があり、プライバシーを守ることができません。また、カメラに写っていないときはどこにいるのかわからず、見守る側が不安に感じることもあります。

メールやアプリを使ったサービスは、高齢者がタブレットなどを立ち上げなければならず、メリットが感じられない方は放置してしまうなど、結局機能しないこともしばしば。

見守りサービスを気持ちよく継続するためには、簡単で手間いらずで、見守られているストレスを感じさせないことが大事なのだと考えているのです。

見守り支援サービス【いまイルモ】は、高性能の人感・照度・温度・湿度センサーをリビングや寝室などよく使う部屋に置くだけ。

いまイルモ センサー

高齢者は見守られていることを意識せずに生活でき、家族からは「どこにいるのか」「部屋の温度や明るさは問題ないか」「いつもと違うことが起こってないか」など、知りたいことをスマートフォンを通じて把握することができるのです。

機器のデザインがカメラに見えないように。
今までと変わらない生活を続けられるように。
生活の変化がひと目でわかる情報だけをわかりやすく表示し、使い方が複雑にならないように。

「管理・監視ではなく優しく見守れるように」という思いを込めて開発されたのが【いまイルモ】です。

詳細を知りたい方は、公式サイトをご覧ください。
いまイルモバナー

特集内の記事

ページTOPへ