【PR特集】

超高速開発ツールって何?

「超高速!」と言っても、先ごろ話題になった映画「超高速!参勤交代」ではありません。
「超高速!」と言えば、私どもの業界では「超高速開発ツール」が話題です。
そこで、連載企画として、「超高速開発ツール」について皆様にお伝えします。

■超高速開発ツールって何?

超高速開発ツールとは、その名の通り、
通常に比べて”超高速”でコンピューターシステムの開発を行うことができる、
システム開発ツールの総称です。

ざっくり言うと、コンピューターシステムは、
データの入出力や加工を行う「処理プログラム」と、
データを格納する「データベース」から構成されています。

通常の開発では”設計”をした後、
「処理プログラム」はC#やJava、PHPなどの“プログラム言語”でプログラミングします
(「データベース」は“データ定義言語”で定義します)。

これはかなり複雑でとても時間の掛かる作業です。
これを簡単に素早く行えるように工夫されたものが「超高速開発ツール」です。

開発イメージ
<クリックで拡大>

「超高速開発ツール」にはどのくらいの数があるかご存じですか?

昨年8月に「超高速開発コミュニティ」が発足しましたが、
正会員として登録されているツールベンダーは実に28社もあります。

いくつかのベンダーは同じツールを取り扱っていますが、
ざっと20種以上ものツールが日本国内で展開されていることが分かります。

次回は、超高速開発ツールのカテゴリーについてお話します。

特集内の記事

ページTOPへ