みんなでつくる☆100人書評

書評 – 「八月の六日間」

 この企画は、読者である私たちとあなた、みんなでつくる書評のコーナーです。

 この本読んだよ、というあなた、掲載されている書評を読んで、この本に興味を持ってくださったあなた、書評を投稿してみませんか?

 書評といっても難しく構えることはありません。私たちは評論家ではないのですから、読後の感想や、気に入った場面・描写の紹介でもOKです。

 あなたの本に対する想いを、ぜひみんなで共有しましょう。

 お問い合わせアイコンお問い合わせから、あなたの書評をご投稿ください。

 お待ちしております♪

—————————————————————————————————————

今回の課題図書は、
北村 薫著 「八月の六日間」出版社:KADOKAWA/角川書店 (2014年5月29日)です。

八月の六日間本文用

■【山歩きの贈り物】

40歳を目前にした主人公が、いろいろな季節に、山歩きをする物語。

「八月の六日間」というのは、つまり、八月に六日間山歩きをした記録、ということです。
>続きはこちら

■半ば強引に誘われた山登りにハマった“働く女性”。

人間は単に年を重ねれば、若いころと違う見方ができるというものではない。
>続きはこちら

特集内の記事

ページTOPへ