エンジニア奮闘記

疲れてるSE必見!「メタボ脱出」「禁煙」「勉強」…誓ったことを続けるコツ

お忙しいシステムエンジニアのみなさん、寝てますか?食べてますか?システム開発の納期が迫ったところに酷暑が重なり、休日はクーラーの効いた部屋でぐったり…などという方も多いのではないでしょうか。

こんなときは、「今年こそ痩せよう!」「資格を取ろう!」「いよいよタバコやめよう!」などと年初に誓った目標も、挫折しがちです。今回は、やり遂げようと決めたことを続けるためのアイデアを紹介したいと思います。

私たちが立てる目標の多くは、2つに分かれます。ひとつは、何かをやり続けることでめざすものを手に入れる「達成型」、もうひとつは、何かをやらないことが重要な「誘惑排除型」です。

前者のポイントは、習慣づけること。後者は、誘惑よりも魅力的なものが得られるように仕向けるのが効果的です。
pixta_42131784_S
両方に共通していえるのは、「実現したときの幸せが具体的にイメージできなければ続かない」「“いつまでに、どのくらい”が明確でなければ挫折しやすい」ということです。

月並みですが、「目標を紙に書いて壁に貼る」「友人や家族に宣言する」ところから、始めてみてはいかがでしょうか。「見える化」することによってめざすゴールは具体的になり、ほどよくプレッシャーがかかれば、がんばれるものです。

「書いて貼るだけではちょっと…」と、自分の意志の強さに不安がある方は、デジタルツールに頼ってしまいましょう。

習慣化ツールでおもしろいのは、「自分ルール(Myrules) 」。普段の生活のなかでやるべきことにポイントを付与して登録しておくと、貯まったポイントを管理してくれます。開発者が、「ポイントが設定したラインに達したら、自分にごほうびを」と勧めており、続けられたときは達成感と満足感を両取りできます。

ループ習慣トラッカー 」は、複数の目標や週1回だけといった多様な設定ができるのが特徴です。達成できなければスコアが下がるので、お尻を叩かれたほうががんばれる方にとっては、使いやすいアプリです。

誘惑排除型の目標クリアをサポートするツールでは、「禁煙ウォッチ 」が楽しそうです。

禁煙を始めてから経った時間、吸わなかった本数だけでなく、「節約できたお金」「延びた寿命」が表示されるのが魅力です。「5万円貯まったら温泉に行こう!」などと、自分にごほうびを出すのもいいかもしれません。

「最近太ったから、体を動かそうかな…」という方には、「RunKeeper 」がおすすめです。
pixta_41984139_S.jpg
ランニング、ウォーキング、サイクリングなどの記録を残してくれるこのアプリは、「進捗状況を確認して、ヘッドフォンからコーチング」「ランニング中に撮った写真をその場で共有」「自己ベストや、大台をクリアしたときに通知してもらえる」など、孤独になりがちなトレーニングを楽しくしてくれます。

トレーニングプランをFacebookやTwitterで友人と共有できるので、一緒にがんばるという楽しみ方も可能です。

…と、いろいろ紹介してまいりましたが、誓ったことを続けるために最も必要なのは、「あきらめない心」です。「今日はサボっちゃった、、、」と落ち込みそうなときは、ツールの応援を支えにして、あらためて取り組みましょう。

酷暑が納期遅れの理由にならないことを、最もよくわかってらっしゃるみなさんなら、がんばれるはずです。Good luck!

特集内の記事

ページTOPへ