セブ島日記

第7回:高価な瓦斯倫の巻

今回は最近日本でも価格が話題のガソリンでござる。

セブでは自家用車の普及率はまだまだ低く(乗れるのはお金持ち)、
走っている車の多くはタクシーやジプニー※だ。
ジプニー
※小型貨物自動車を改造した乗合タクシー。
ジプニーについては後日あらためてお伝えするぞ。

ちなみに、日本とフィリピンの
“二輪車・四輪車の保有台数構成比”における乗用車の割合は、
・日本: 総数7,904万台のうち、約73%
・フィリピン: 総数622万台のうち、約12%
だそうな。

それでも蒸気や馬を使っているわけではないので、どうしてもガソリンがいるな。

・タクシーが初乗り40PHP(約105円)
・ジプニーが9PHP(約23円)
※ 1円=約0.38フィリピンペソで算出。以降も同様。

さぞかしガソリンも安かろう、と思って見に行ってみたでござる。

・日本でもおなじみシェル石油。
シェル石油
ちょうど電線で隠れているという撮影センスの無さが気になるが、
おそらく一番安い軽油が38.13PHP(約100円)
・・・
思ったより安くない・・・。

もう一軒訪ねてみたぞ。

・こちらはフィリピンの大手石油会社:PETRON。
設立は1933年9月。歴史ある地元最大の石油精製販売会社だ。
奥にはジプニーも停まっておるな。
PETRON

・価格はこちら
PETRON価格表
先ほどより少し安い37.90PHP(約99.5円)

参考に日本の軽油を調べると約130円(セブの1.3倍)

さらに、先に挙げた公共交通が日本では
・タクシーが初乗り730円(セブの約7倍)
・バスが216円(セブの約10倍)

運賃の価格差にくらべて、軽油価格は日本とフィリピンで1.3倍しか変わらぬ。
フィリピンではガソリンの類がとても高い、というのがわかるな。

タクシーやジプニーの運転手殿は大変でござる。

これからは少し尊敬の気持ちを持ってタクシーに乗らねばならぬな。

では、See you next time!!
小次郎がフィリピンで働くようになったきっかけはコチラ
フィリピンに開発拠点を

セブ島日記 と同一カテゴリの記事

話が広がるタネをあれこれ と同一カテゴリの記事

ページTOPへ