ソルクシーズで働く人々

2020年【春】の新入社員に『応援メッセージ』を送ろう!【3】

今年のソルクシーズグループ新入社員研修は、新型コロナウイルス感染予防の観点から、リモート(在宅勤務)で実施しています。 先行きの見通せない状況で社会人生活をスタートした新入社員のみなさんは不安かもしれない、慣れないリモートワーク(在宅勤務)で孤独を感じているかもしれない、、、。 そう考えた先輩社員たちから新人たちへ続々と寄せられた『応援メッセージ』の紹介記事第3弾です! ※ 凡例:メッセージの後の […]

2020年【春】の新入社員に『応援メッセージ』を送ろう!【2】

今年のソルクシーズグループ新入社員研修は、新型コロナウイルス感染予防の観点から、リモート(在宅勤務)で実施しています。 先行きの見通せない状況で社会人生活をスタートした新入社員のみなさんは不安かもしれない、慣れないリモートワーク(在宅勤務)で孤独を感じているかもしれない、、、。 そう考えた先輩社員たちから新人たちへ『応援メッセージ』が寄せられました。 第2弾ではグループ会社のみなさんからのメッセー […]

2020年【春】の新入社員に『応援メッセージ』を送ろう!【1】

ソルクシーズグループには今年も新入社員のみなさんが元気に入社してきました。 しかし新型コロナウイルス感染予防の観点から、今年の新入社員研修はリモート(在宅勤務)で実施しています。 先行きの見通せない状況で社会人生活をスタートした新入社員のみなさんは不安かもしれない、慣れないリモートワーク(在宅勤務)で孤独を感じているかもしれない、、、。 そう考えた先輩社員たちから新人たちへ『応援メッセージ』が寄せ […]

ソルクシーズ社員が語る「アレクサ漬けの24時間」【休日編】

ソルクシーズの社員である妻と、IT系サービスを提供する会社で働く夫。ごく普通のふたりはごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をしました。でも、ただひとつだけ違っていたのは…夫婦ともアレクサ漬けだったのです! 彼らとアレクサの24時間を淡々と綴るシリーズ第2回は、この家でよくある日曜日の情景です。 普段は、朝7時になるとアレクサがライトを灯して起床を促すのですが、週末は完全にオフ。自然に目が覚めた妻がリビ […]

ソルクシーズ社員が語る「アレクサ漬けの24時間」【平日編】

この物語は、ソルクシーズというIT企業に勤める女性社員と、その夫の日常です。題して「アレクサ漬けの24時間」。 彼女の1日は、朝7時に寝室のライトを柔らかく灯すアレクサとともに始まるのでした。 「おはよう、アレクサ」。長年ともに暮らすプードルに声をかけるかのように、円筒状のマテリアルに朝の挨拶をすると、リビングの照明が付き、TVのスイッチが入ります。もしかして、家電を自在に操れる人気のスキル「スマ […]

キャリアの曲がり角を乗り越えたエンジニアに聞いた「私がソルクシーズに残った理由」【女性編】(その2)

システムエンジニアとして、長く働いた方なら、1度や2度は「今の会社で、このまま働いていていいのだろうか?」と悩んだことがあるのではないでしょうか。 キャリアの踊り場や曲がり角に立ち、転職を考えながらも踏みとどまった社員に聞いた「ソルクシーズに残った理由」。第3回は、システムエンジニアから新人教育、サイト企画など、さまざまなキャリアを積んできたKさんのお話です。 入社してからしばらくは、システムエン […]

ソルクシーズで働く人々 | TAG:

「社内」「組織」の枠にはまらず価値を創造!ソルクシーズ的名物エンジニア&コンサルの日常②

「プラモデルが好きで、ついつい買っちゃうんです。死ぬまでに全部完成させるのは不可能なんですけど(笑)。作ることに重点は置いてなくて、それでも好きだから手に入れたくなるんです」。 2019年度もIBMチャンピオンに選出された吉田武司さんに、オフタイムの過ごし方について聞くと、ライフワークと化しつつあるプラモデル・コレクションについて語ってくれました。 昨年は、グループ会社のエクスモーションに協力する […]

キャリアの曲がり角を乗り越えたエンジニアに聞いた「私がソルクシーズに残った理由」【女性編】

日曜日に「笑点」や「イッテQ」を見ながら、憂鬱になる人が少なくないそうです。「明日、会社に行きたくないな」「転職したら状況が変わるかな…」。ソルクシーズのMさんもそのタイプで、いつもどこかで「やめたい」という考えが浮かぶとのこと。 「逆境に立たされると、こんなことで負けたくないと自分を鼓舞してがんばれるんですよね。“やめたい”は“やりたい”の裏返しなのかもしれません」 学生時代は「看護師になりたい […]

アジアと日本をつなぐネットワークを実体験!「Fleekdrive in Singapore」

「シンガポールに行って、自社の商品を売ってきてくれ」。広告も予算もコネもツテもなく、ただやってくれといわれたら、たいていの人は途方に暮れる人のではないでしょうか。 法人向けクラウド・オンラインストレージ「Fleekdrive」の拡販をまかされた高橋 湧熙(タカハシ ユウキ)さんが、最初はこの辞令に後ろ向きだった理由は、フツーの人とは違う視点でした。 「お金持ちの国というイメージがあって、行きたくな […]

キャリアの曲がり角を乗り越えたエンジニアに聞いた「私がソルクシーズに残った理由」【男性編】

「転職しようかな…」。営業もシステムエンジニアも、事務も企画も、会社に勤めるほとんどの人が一度は考えたことがあるでしょう。 今回のシリーズは、かなり本気で転職を考えながらも踏みとどまった人たちのインタビューです。 「最初に思い詰めたのは、28歳の時でしたね」と語るのは、会計関連のパッケージ開発ひと筋でキャリアを積んできたSさん。新しいサービスの担当を命じられたのがきっかけだったそうです。 「いわゆ […]

ページTOPへ