エンジニア奮闘記

システム、組み込み、Web… これからめざす人のための「エンジニアってどんな仕事?」基礎講座(1)

システムエンジニアWebエンジニアって何が違うの?」。…業界の中にいれば、笑って説明できるようなことも、これからめざす人にはわからなかったりするものです。

さらに組み込みエンジニアとなると、他にもましてどんなものを作っているのかイメージが湧かないという人が多いでしょう。

そこで今回は、就職を考えている人や、異業種転職をめざしている人に向けて、それぞれのエンジニアの仕事について紹介したいと思います。

エンジニア基礎知識

まずはシステムエンジニア(SE)ですが、簡単にいえば、コンピュータを使ったシステムを設計・開発する技術者です。

企業の経理や会計のためのシステム、コンビニエンスストアの店舗をつないで商品の販売状況を把握するためのPOSシステム、銀行や証券会社の取引のためのシステムなど、システムエンジニアの設計・開発によって世に出ているものは多岐にわたります。

システムは、主にソフトウェアといわれるプログラムと、ハードウェア(機器)で構成されています。

システムエンジニアは、顧客に依頼された内容をヒアリングして、どんなものを作ればいいのかを明確にするとことから始まります(要求定義)

その後、システムの構成を設計し、顧客に確認したうえで開発がスタート。このとき、プログラム言語を使ってソフトウェアを作るのがプログラマーです。

個別の部品やプログラムが出来上がったら統合し、テストを行って、全体の動きをチェックして問題がなければ完成となります。自分たちが作ったものが企業の活動全体を支えていたり、世の中に広く普及したりすることもあるやりがいのある仕事です。

システム開発以外にも、出来上がったシステムが障害なく動くように監視し、問題が起こった際にスムーズに解決に導く運用の業務を担うこともあります。

エンジニア基礎講座2

活躍の場は、ソルクシーズのようなシステム開発企業や、家電・コンピュータ関連メーカー、ゲームソフト制作会社など。大企業には情報システム部門があるのが一般的で、各企業に必要なシステム構築を行う社内SEとして活躍する道もあります。

資格がなければできない仕事ではありませんが、システム設計のスキル・ノウハウや、プログラム言語、構築、運用に関する幅広い知識が必要です。

専門の学部・専攻で勉強していれば有利ですが、文系学部から就職して入社後の研修や現場でスキルを身につけるエンジニアもおり、ものづくりが好きでコミュニケーションスキルがあればキャリアアップしていける仕事です。

solxys-recruit2
第2回は、Webエンジニア組み込みエンジニアについて紹介します。

特集内の記事

ページTOPへ