業務効率化

Fintechビジネスを支援!プロジェクト型クラウドサービス「FinTed」の仕組み

株式会社ソルクシーズとスプラシアが共同開発した新サービス「FinTed」は、金融業界のシステム開発とWebマッチングに精通した両社ならではの新しいクラウドサービスです。

IT技術を活用して新しい金融系サービスを開発する「Fintech」を展開する企業に向けて、業界特化のシステム開発部隊をアサインするマッチングサービス

銀行、証券、生命保険・損害保険、クレジット、不動産などの【業種】、決済、債権回収、AI、ブロックチェーン、ビッグデータといった対応できる【技術】、というさまざまな検索の仕方で自社のプロジェクトに適した開発チームを探すことができます。
pixta_25450463_S.jpg
もうひとつの切り口:【業務スキル】検索で、「システム企画」を選んでみました。一覧ページから業種、技術、工程で絞り込むこともできますが、まずは掲載されている開発チームを見てみましょう。

人材のマッチングが得意なチームなら、投資家を募るサービスやクラウドファンディングなどのシステム開発をおまかせできそうです。ビッグデータ分析のための基盤システムの構築を得意とするチームは、大手流通企業グループの損益管理システムからデータ分析をサポートしたことがあるとのこと。

掲載されている多くのチームが、「得意な技術+金融業界経験」を持っており、過去の実績をチェックしながら検討することができるのです。

候補を決めたら【このチームに見積もり相談】ボタンを押して見積書を依頼したり、詳細確認のために面談したりすることが可能です。「チーム選定の仕方がわからない」と思ったら、トップページの【まずは相談(無料)】のボタンを押して、問い合わせをしてみるとよいでしょう。

サービスを立ち上げて間もない現在は、ソルクシーズの開発部隊が数多く掲載されていますが、今後は外部のプロジェクトチームや技術者が続々と参入する見通し。「FinTed」で検索するだけで相見積もりを取れるので、スピーディーにサービス開発プロジェクトを開始できます。

自社で育成するのに時間がかかるプロジェクトマネージャーやスペシャリストが揃った専任チームを作れれば、採用や教育のコストが大幅に軽減。期間限定のプロジェクトチームをアサインすれば、固定費を抑えて効率よくサービスを立ち上げられます。

銀行、クレジットカード、証券など金融業界のシステム開発を長年手がけてきたソルクシーズと、オフショア開発の経験豊富なスプラシアのコラボレーションで実現した「FinTed」。

既存のサービスに金融系の機能・サービスを追加したい企業や、新たな事業を企画している部署のご担当者など、「Fintech」関連のビジネスを検討されている方は、ぜひサイトをのぞいてみてください。

特集内の記事

ページTOPへ