ソルクシーズ本社が移転予定!新・複合ビジネス拠点「msb Tamachi(ムスブ田町)」はここが凄い

気になる!ソルクシーズグループニュース
そるくんが、ソルクシーズの公式キャラクターとして、会社が発表したニュースを、なるべく早くわかりやすくお話していくソル。

第23回は、我らが「ソルクシーズ本社の移転」について。

いつも受付で皆さんをお迎えしている僕・そるくんも、移転にともない新しいオフィスにお引っ越しする予定だよ。

移転先は、田町駅東口に建設中の超高層オフィスビル「msb Tamachi(ムスブ田町)」。駅前再開発プロジェクトの要と言われる「msb Tamachi」の全貌も含めて、詳しくご紹介しまソル〜っ。

 

▼ソルクシーズの歩み〜成長を続けてきた37年間〜

移転先を見る前に、ソルクシーズの歴史をちょこっと振り返ってみよう。

ソルクシーズの歴史
ソルクシーズの前身となる会社が誕生したのは、1981(昭和56)年の2月。株式会社エポックシステムという名前で、埼玉県大宮市に設立された。

商号を株式会社ソルクシーズに改めたのは、2001(平成13)年4月のこと。本社の住所はグループの成長とともに、大宮→新橋→芝大門→品川と何度か移転ののち、2007(平成19)年3月に現在の東京都港区に落ち着いたよ。

この間に、吸収合併・子会社の設立・他社との業務提携といった計画を次々に実現。拡大にともなう新規事業所も、国内では福岡に、海外では中国やフィリピンに開設された。

一方で、経済産業省「情報セキュリティ監査企業台帳」登録企業に認定。また「ISMS(ISO27001)」および「国際品質保証規格ISO9001:2008」の認証を取得。

2016(平成28)年6月には、東京証券取引所市場第一部(東証一部)に上場するなど、ソルクシーズ・グループとして大いに発展をとげてきたソル。

そんな37年間の歩みのうち、約3分の1にあたる11年間を過ごしたのが、現在の本社オフィス。その移転には、熱い気持ちがこみ上げてくるソルね。

会社移転
 

 

▼多機能なオフィスビルにお引越し!「msb Tamachi」とは?

さて、それじゃあいよいよ移転先について見てみよう♪

ソルクシーズが移転するのは、田町駅東口に建設中の新施設「msb Tamachi(ムスブ田町)」の一角。この施設は、2つの超高層オフィスビル(田町ステーションタワーS・N)と宿泊施設「プルマン東京田町」が融合したもので、田町駅駅前再開発プロジェクトの要ともされているよ。

ちなみに「プルマン東京田町」は、フランスに拠点を置く高級ホテル「プルマン」の直営。マルセイユ、サイゴン、シドニーなどに四つ星・五つ星ホテルを持つプルマンは、これが日本初出店となる。楽しみだね。

羽田空港の国際化やリニア新幹線計画の発展により、田町は今「国際都市東京の玄関口」として期待されているんだ。そんな田町駅から直結し、高級宿泊施設も備えたオフィスビル「msb Tamachi」は、画期的な複合ビジネス拠点としてオープン前の今から注目されている。

そんな「msb Tamachi」が、ソルクシーズの新住所!
周辺には、雨の日でも安心して買い物ができる商業モールや、緑いっぱいのオープンスペースも併設される予定だよ。従業員だけじゃなく、お客さまの利便性もアップしそうだソル♪

ソルクシーズ新オフィス
 

 

▼新オフィス稼動は2019年を予定

移転の時期は2019年上半期を予定。

※詳しくはこちらのお知らせもご参照ください。
http://www.solxyz.co.jp/documents/20180330honshaiten.pdf

オフィスのお引越しは荷物がた〜くさんあって大変!だけど、なんだかワクワクもするソルね。

僕・そるくんは、新しいオフィスでも受付でのお仕事をしっかり頑張っていきたいソル〜!

特集内の記事

ページTOPへ