平成史

「ベテランSEが語る・IT環境の変遷30年史」【後編】

さようなら平成、こんにちは令和のメモリアル企画「IT環境の変遷30年史」の前編では、自席でタバコ、徹夜で残業、パンチカードといった歴史的事実について紹介しました。 後編の最初のテーマは、「システムエンジニアのイメージ」。60代のエンジニアに聞くと、「頭脳労働のイメージ」「何するの?とよくいわれた」とのこと。同世代は、SEといわれてもイメージできない人が多かったということでしょうか。 昔は「オタク」 […]

「ベテランSEが語る・IT環境の変遷30年史」【前編】

平成生まれのみなさん!昔は、オフィスの自席でタバコを吸っている人がいたのをご存じでしょうか? 令和元年の今、あの頃を思い出せば、「当時はアタリマエだったけど、若い人たちには信じてもらえそうもない驚愕の職場&IT環境」が存在していたことに、あらためて驚かされます。 このたびは、新元号記念企画ということで、40代・50代・60代のシステムエンジニアに、「昔と今で変わったこと、変わらないこと」を調査して […]

平成2年入社社員と振り返る「ソルクシーズ平成史」(3)新サービスが増えた平成後期

ソルクシーズの足跡と世の中のイベントをパラレルで振り返る「平成史」シリーズも、いよいよ最終回。平成22年(2010年)以降のトピックスを紹介しましょう。 東日本大震災が発生した平成23年(2011年)は、日本にとって大変な時期でしたが、FIFA女子ワールドカップドイツ大会でなでしこジャパンがアジアで初の優勝という快挙を達成。ソルクシーズでは、新たな領域のサービスが誕生した年でもありました。 今でこ […]

平成2年入社社員と振り返る「ソルクシーズ平成史」(2)事業拡大が進んだ平成中期

平成との別れを惜しむ記念企画「ソルクシーズ平成史」、第2回は事業領域が一気に拡大した【平成中期】を振り返ります。 平成13年(2001年)にソルクシーズに社名が変わり、JASDAQ上場を果たすと、システム開発中心だった事業をさまざまな領域に拡大していくことになりました。 この頃、編集長「れい」が参画していたのは、自社のISO認証取得プロジェクトでした。 「全社的な取り組みだったので、経営層をはじめ […]

平成2年入社社員と振り返る「ソルクシーズ平成史」(1)「PCはみんなで1台」の平成初期

30年続いた「平成」が、今年の4月をもって終わりを迎えます。「あの頃はまだ学生で…」などと昔を懐かしむ人、新元号当てクイズで盛り上がる人と、さまざまなカウントダウンが始まっているのではないでしょうか。 さて、今回は「ソルクシーズ平成史」と題しまして、平成元年に内定をもらった編集長「れい」秘蔵の社内報と証言を元に、激動の30年を振り返る次第であります。 秘蔵の社内報。第1号は昭和62(西暦1987) […]

ページTOPへ