Mr.Xyz の記事

平成2年入社社員と振り返る「ソルクシーズ平成史」(3)新サービスが増えた平成後期

ソルクシーズの足跡と世の中のイベントをパラレルで振り返る「平成史」シリーズも、いよいよ最終回。平成22年(2010年)以降のトピックスを紹介しましょう。 東日本大震災が発生した平成23年(2011年)は、日本にとって大変な時期でしたが、FIFA女子ワールドカップドイツ大会でなでしこジャパンがアジアで初の優勝という快挙を達成。ソルクシーズでは、新たな領域のサービスが誕生した年でもありました。 今でこ […]

平成2年入社社員と振り返る「ソルクシーズ平成史」(2)事業拡大が進んだ平成中期

平成との別れを惜しむ記念企画「ソルクシーズ平成史」、第2回は事業領域が一気に拡大した【平成中期】を振り返ります。 平成13年(2001年)にソルクシーズに社名が変わり、JASDAQ上場を果たすと、システム開発中心だった事業をさまざまな領域に拡大していくことになりました。 この頃、編集長「れい」が参画していたのは、自社のISO認証取得プロジェクトでした。 「全社的な取り組みだったので、経営層をはじめ […]

平成2年入社社員と振り返る「ソルクシーズ平成史」(1)「PCはみんなで1台」の平成初期

30年続いた「平成」が、今年の4月をもって終わりを迎えます。「あの頃はまだ学生で…」などと昔を懐かしむ人、新元号当てクイズで盛り上がる人と、さまざまなカウントダウンが始まっているのではないでしょうか。 さて、今回は「ソルクシーズ平成史」と題しまして、平成元年に内定をもらった編集長「れい」秘蔵の社内報と証言を元に、激動の30年を振り返る次第であります。 秘蔵の社内報。第1号は昭和62(西暦1987) […]

エンジニア奮闘記 | TAG: /

最近よく聞く「フィジタル」って結局ナニ!?③で、何ができるの?

「フィジタル」ってナニ?を追求するシリーズの第3弾は、さまざまな企業が実施しているフィジタルマーケティングの事例をいくつか、紹介します。 自動車業界ではトヨタ、日産、BMW、アウディなどが「VR試乗」を実施しており、内装の質感から車内操作、自然の中を走行、自宅の車庫に停めた画像を確認などのシーンを体感することができます。 家具メーカーのコンテンツでは、自宅の部屋の画像に気になる家具を配置するシミュ […]

エンジニア奮闘記 | TAG: / /

最近よく聞く「フィジタル」って結局ナニ!?②IoTやO2Oと違うの?

「フィジタルなエクスペリエンスを通じて…」。初対面の人にいわれたら、ちょっと引いてしまいそうな言い回しですが、近年さまざまな記事で目にする「フィジタル」を紐解くシリーズの第2回です。 「モノとデジタルの融合」「リアルとデジタルのコラボレーション」などと説明すると、「O2O(オンライン・トゥ・オフライン)」「IoT(Internet of Things=モノのインターネット)」といった概念との違いが […]

エンジニア奮闘記 | TAG: / /

最近よく聞く「フィジタル」って結局ナニ!?①ネット通販は「フィジタル」か?

IT系のニュースサイトなどを見ていると、ときどき「フィジタル」という言葉に遭遇します。フィジタル。。。意味、わかります?Googleで検索すると、「もしかしてフィジカルでは?」とボケられたりするぐらいで、IT業界以外の方にはまだまだ通じない造語のようです。 調べてみると、「フィジカル」と「デジタル」を掛け合わせた言葉で、2015年からアメリカで使われ始めたマーケティング用語とのこと。 私たちが暮ら […]

5分でわかる!今どきIT用語【eSIM】

注目のIT用語をわかりやすく解説する「5分でわかる!」シリーズ第4回は、スマートフォンやタブレットの利用シーンを変えるといわれている次世代規格「eSIM」です。 「埋め込み型」といわれるeSIMが、従来のSIMと何が違うかといえば、「カードではなくスマートフォンの端末内部に組み込まれているため、ユーザーが自ら書き換えることができる」ことです。 「iPhone XS」など、2018年の秋に発売された […]

5分でわかる!今どきIT用語【HR TECH】

「GPU」「デジタルツイン」など、話題のIT用語の成り立ちを紐解くシリーズの第3回は「HR TECH」です。 HRは「ヒューマンリソース」、TECHは「テクノロジー・技術」。金融業界で「Fin Tech」が話題になりましたが、こちらは人材サービスや人事・組織・労務関連の新しい技術やサービスの総称として使われるようになった言葉です。 人事・労務・採用分野に新しいサービスが増えてきたのは、2000年代 […]

5分でわかる!今どきIT用語【デジタルツイン】

近年よく聞くキーワードを5分でおさらいする「今どきIT用語」シリーズ。「GPU」に続く第2回は「デジタルツイン」です。 この言葉は、IoTと切っても切れない関係にあります。「ツイン=双子」が何を指しているかといえば、「実際に存在しているモノ」と「デジタル空間にあるデータ」。 実世界でセンサーなどを使って取得したデータがリアルタイムでデジタルに情報処理され、製品上に表示されたり何らかの機能が作動する […]

エンジニア奮闘記 | TAG: /

5分でわかる!今どきIT用語【GPU】

最近話題のIT用語について、意味・定義から最新トピックスまでを紹介する新シリーズ。第1回は「GPU」です。 この3文字を見た瞬間、「CPUなら知ってる!」と思った方が多いのではないでしょうか。パソコンやサーバーに内蔵され,、制御や演算を行うCPUは「Central Processing Unit」の略ですが、GPUの「G」はグラフィックス(Grafics)の頭文字です。 パソコンやサーバー内で3D […]

ページTOPへ