高齢者のひとり暮らしリスク~「いまイルモ」で気づけること

「お父さんが亡くなり、お母さんがひとり暮らしになってちょっと心配」。長生き社会になり、ひとりで暮らす高齢者が増えています。

ちゃんとご飯を食べているか、日々楽しく過ごせているか、病気をしていないか…何かと心配になっている方も、多いのではないでしょうか。高齢者の独居に伴うリスクと、見守りサービス「いまイルモ」の導入でわかることについて紹介します。
pixta_22825002_S
今年のような酷暑で気になるのは、熱中症です。水分を補給せずに暑い部屋に長時間こもりきりになると、熱中症になるリスクが上がります。

ソルクシーズが運営する情報サイト「安否確認LABO 」によると、人間は加齢によって温度の変化を感じにくくなるとのこと。リビングや寝室を快適な温度に保ち、水や麦茶などカフェインを含まない飲み物をマメに摂ることが重要です。

高機能のセンサーで在室確認ができ、温度や湿度、照度などのデータをリアルタイムで把握できる「いまイルモ」なら、日中の部屋の温度や1日の寒暖差などがひと目でわかります。

人感センサーも付いているので、高齢者自身の動きがなくなったなどの異変も検知可能。室温のコントロールや水分補給の大事さについて話す機会を作り、「いまイルモ」のスマホアプリでご高齢者が暮らすお部屋の様子をチェックしていただければより安心です。

いまイルモスマホ画面2

さらに高齢者に起こりがちなのが、食が細くなることによる低栄養、廊下や階段における転倒事故、それらがきっかけとなる認知症寝たきりです。

トイレも、転倒や立ちくらみなどが発生しやすい危険スポット。気になる場所に「いまイルモ」のセンサーをつけておけば、長時間いるはずのないところから動かないなどの情報を受け取ることができます。

認知症による徘徊が心配な方は、「いまイルモ」のセンサーを玄関に設置すれば、深夜の外出が発覚した際にすばやく保護を依頼することもできます。

センサー型の見守りサービスのメリットは、温度、湿度、明るさ、在室の有無などの異変に気づけることだけでなく、いつもと同じように暮らしているとわかったときの安心感が得られることです。

カメラのように「見られている感覚」にストレスを感じることもなく、メール、電話、巡回サービスのような対応の手間がかかることもなく導入できるので、親御さんにも同意していただきやすいのではないでしょうか。

高齢者のひとり暮らしリスクについて、もっと知りたい方は「安否確認LABO」を、「いまイルモ」の詳細を確認したい方は公式サイト をご覧ください。

anpi_kakunin_labo_banner

特集内の記事

ページTOPへ