エンジニア奮闘記】 | TAG: / /

最近よく聞く「フィジタル」って結局ナニ!?②IoTやO2Oと違うの?

「フィジタルなエクスペリエンスを通じて…」。初対面の人にいわれたら、ちょっと引いてしまいそうな言い回しですが、近年さまざまな記事で目にする「フィジタル」を紐解くシリーズの第2回です。

「モノとデジタルの融合」「リアルとデジタルのコラボレーション」などと説明すると、「O2O(オンライン・トゥ・オフライン)」「IoT(Internet of Things=モノのインターネット)」といった概念との違いがわからなくなります。

今回は、それぞれの概念とフィジタルとの違いを解説し、新しいマーケティング手法のあり方に迫ってみたいと思います。
pixta_45661510_S.jpg
O2O」は、Webサイトやアプリなどオンラインのコンテンツから、店舗やイベント会場などのオフラインの場へ顧客を誘導するアプローチを指します。

グルメサイトや旅行サイトによる予約サービスやクーポン提供もO2Oのひとつで、逆パターンではリアル店舗でWeb会員を募集して、メルマガ等でニュースを受け取ってもらうといった施策もあります。

概念自体は古くからあったものなのですが、ひと頃これが話題になったのは、スマートフォンの普及に伴うSNSやアプリの利用増加によって、誘導方法が格段に増えたからでしょう。

 

一方、フィジタルのほうは、「リアルなモノ・体験」とデジタル技術を組み合わせるところに本質があり、O2Oの進化版といってもいいかもしれません。

pixta_44390028_S.jpg

「VRを使った疑似体験による店舗来訪促進」「店舗に置かれたグッズにサイトの売れ筋ランキングを表示」など、モノや行動とデジタルコンテンツが一体となった施策によって、ユーザーを購買に誘導する手法は、まさにIoTやAR/VR、AIなどの発展によってもたらされたものです。

IoTは、モノとインターネットを組み合わせた商品・サービスの総称で、フィジタルはIoTを含むさまざまな「リアル×デジタル」でユーザーを動かすマーケティング手法と整理すると、わかりやすいのではないでしょうか。

さまざまな用語の概念は、きれいに分かれるものでもなく、「フィジタル=O2O」「フィジタル=IoT」となる施策もあると思われます。

 

重要なのは、言葉をきちんと定義することよりも、「それぞれのIT系用語が流行った背景にどんな技術があり、何を実現できるようになったのか」でしょう。

そこを押さえられれば、サービスやマーケティング、消費行動のトレンドを把握できるようになります。

次回フィジタルシリーズの最終回は、フィジタルマーケティングといわれている実際の事例を紹介いたします。

ひとりの消費者としてワクワクするさまざまな施策をお届けできればと考えておりますので、マーケティングに興味がある方はぜひ目を通してください。

エンジニア奮闘記 と同一カテゴリの記事

気になるテーマから 発想力UP と同一カテゴリの記事

IT人材の育成を推進!担当役員に聞いた「キャリア推進本部」の展望

2020-02-18 06:00:10

続けられる地球貢献「SDGs」の身近な取り組み【後編】

2020-02-05 06:00:03

続けられる地球貢献「SDGs」の身近な取り組み【前編】

2020-02-04 06:00:30

ソルクシーズの地味にスゴイ人々!【スーパー内部監査】

2020-01-22 06:00:44

ママ社員に学ぶ「セルフ働き方改革」

2020-01-20 06:00:53

「臆病、諦めない、最後は度胸」…それがSE。

2020-01-16 06:00:18

ソルクシーズVSグループ企業 研修充実度チェック!【後編】

2020-01-15 06:00:04

ソルクシーズVSグループ企業 研修充実度チェック!【前編】

2020-01-14 06:00:38

新入部員が語る「入ってよかった!社内英語部」

2020-01-08 06:00:23

「実は知らない」SEも!? プロが今さら聞けないIT用語

2020-01-07 06:00:13

ソルクシーズの地味にスゴイ人々!【スーパー書記さん】

2019-12-18 06:00:21

ソルクシーズの部活レポート2019【文化系】

2019-12-17 06:00:26

ソルクシーズの部活レポート2019【体育会系】

2019-12-16 06:00:38

「ベテランSEが語る・IT環境の変遷30年史」【後編】

2019-12-10 06:00:49

「ベテランSEが語る・IT環境の変遷30年史」【前編】

2019-12-09 06:00:26

「ET & IoT Technology 2019 ET/IoT総合技術展」&「IoTイノベーションチャレンジ2019」(2019/11/20-22)

2019-12-05 06:00:44
ページTOPへ