Lesson11 上級者向け!でも簡単!!「マスキング」(使い方編)

画像編集上級者が日常的に使っている「マスキング」の使い方を2回にわたってご紹介しています。

前回Lesson10(基礎編)は基本の使い方をご紹介しました。この「マスキング」、実は使えば使うほど面白い機能なのです。
「使い方編」の今回は、もう少し深く「マスキングでできること」をお伝えしたいと思います。

A1

その1、図形やパスツールの形でマスキングした部分を移動させることで、画像の見え方を変えることができます。
その2、いろんな図形でマスキングをかけることができます。
その3、文字ツールでマスキングをかけることができます。

Lesson11-完成図

A1

では、その1!
前回は海の光の入った部分だけにマスキングをかけて、このようなピンナップ写真風にしました。
マスキング完成

この写真を、カーソルを動かすだけでダイバーの写真に変えることができるのです。

【作業工程】 ~前回のつづき~
(※全て画像はクリックで拡大)

1、ツールの中の「個別選択」(赤マル部分)を選択する。
マスキング

2、画像(赤線部分)を選択し、カーソルでクリックしたまま上に持っていく。(見せたい部分の画像を引っ張りあげるイメージ)
マスキング

はい!ダイバーになった記念写真に早変わりです☆

A1
その2
どんな図形にも切り抜くことができます。今回は、星形にしてみました。

【作業工程】 
1、 星形を作る。ツールの中の長方形をカーソルで長押ししながら「多角形」を選択。
マスキング

2、 右側に多角形の作成のウィンドウが出てくるので、ポイント5・内角の深さ30にする。
画像上でドラッグすると星形ができてきます。
マスキング

マスキング
ここで、星形と、マスキングしたい画像を選択する。(Shiftを押しながら2つの画像を選択する)

3、 オブジェクトの中の「クリッピングパス」、「上のパスで作成」を選択し、マスキングをかける。
マスキング

星形の写真ができました!

A1
その3
これはだいぶ上級者テクです。文字で画像にマスキングをかけます。
※作業は上記(できることその2)の星型のつづきから行うことにします。

【作業工程】
1、 まず、マスキングをかけたい画像を用意します。(虹グラデーション)
マスキング

2、 ツールの「テキスト」で文字列を作る。
マスキング

3、 文字列を選択し、「オブジェクト」の中の「オブジェクトをパスに変換」を選択。
マスキング

4、 文字列を選択したままで、「オブジェクト」の中の「複合パスを作成」を選択。
マスキング

5、 文字列を選択した状態でマスキングをかけたい画像を選択し(Shiftを押しながら選択)、マスキングをかけます(オブジェクトの中の「クリッピンパス」→「上のパスで作成」)。
マスキング

虹色の文字になりました!

A1
今までのLessonより少し難しかったと思いますが、わからないことがあればお問い合わせお問い合わせフォームからいつでもAiまでお便りください。

Ai

特集内の記事

ページTOPへ