キリッと締まった英文メールを送ろう!締めくくりの一文3つ

1年近く執筆してきた「わたしのバイリンガル入門」も今回が最終回!ということで、今回のテーマは「ビジネスメールの締めくくりの一文」です。

日本語だと「よろしくお願いします。」で締めくくることが多いですが、英語だとどうなのでしょうか?

今回は締めくくりの一文を、Abbyが実際にやりとりした中から3つ選んでご紹介します。さらに「敬具」のような、結語として使われる単語やイディオムもご紹介いたします。これでキリッと締まった英文メールが送れること間違いなし!

●文章の締めくくり表現

1. “if you have any concerns, please let me know.   「懸念点などありましたら、どうぞお知らせください。」
2. “If you have any questions, please message me.” 「質問などありましたら、ご連絡ください。」
3. “Please email us for any comments.” 「ご意見などありましたら、メールをください。」

全て、すでに述べた内容に対して、「何かあれば」という感じの表現です。”any”を入れることで、「何か~など」「どんな~でもいいので」といった文章を柔らかくするニュアンスが出ています。

“concern”(懸念点)もビジネスではよく出てくる、そしてとても使いやすい単語なので、ご存知なかった方はチェックしておいてください。

英文メールに挑戦する際は、ぜひ上記の表現を参考にしてみてくださいね。

regards

それに加え、英文メールでは最後の最後に挨拶を書くのが一般的です。

●締めの一言紹介

1. “Thanks,” 「ありがとう」
2. “Thank you,” (同上)
3. “Regards,” 「敬具/よろしくお願いします」
4. “Best regards,” (Regardsとほぼ同じ意味。より丁寧な感じ。)
5. “King regards,” Regardsとほぼ同じ意味。さらに丁寧な感じ。)

※2016.03.24訂正コメント
5. 誤)“King regards,”→ 正)“Kind regards,

執筆者から補足コメント:私のタイプミスですが、king~は、過去に受け取ったメールで見た気がします(タイプミス率が多いということ?)。King regardsと書いてあるメールを受けとっても、Kind regardsの打ち間違い、と思ったほうがよいですね。

 

1.~5.を使いわけるとすれば、社外や初めて連絡する相手には ”Regards” 系を、社内の人などはもっとフランクに ”Thank you” というところでしょうか。ただし、私の感覚ですが “Thank you” でもフランクすぎるわけではないと思います。

いかがでしょうか。

If you have any questions for my articles, please comment from contact link.

「私の記事に対して何か質問があれば、コンタクトのリンクお問い合わせからコメントをください。」

Thanks for reading,
fm14_c_225

Abby

特集内の記事

ページTOPへ