わたしのバイリンガル入門

感謝の気持ちを伝えるための英語表現

スーパーのレジのお姉さんに対しても、
商品を受け取ったら「ありがとう」というのが当たり前の外国。
少なくともニュージーランドもセブもそうでした。

仕事ならなおさら「ありがとう」の気持ちをしっかり伝えて、
お互いに心地よく働きたいですよね。
今回は感謝の気持ちの伝え方をご紹介します。

abby_mail_Thanks

1. “Thank you.”「ありがとう。」
誰でも知ってる、簡単だけど便利な言葉。 “Thanks.”と言うだけでも十分「ありがとう。」と伝えられます。

例)“Thank you for the feedback.”「フィードバックありがとう。」
「~を」ありがとうと言うときは、forを使いましょう!

例)“Thank you in advance.” 「前もって言っておくけど、ありがとう。」
この言い方もよく使われます。メールで何か依頼した際などに、最後にこれをつけるとイイ感じです♪

2. “I appreciate it.”「感謝します。」
例)“We appreciate your patience.
「辛抱強くいてくださるとありがたいです。」つまり「しばらくお待ちください」。

patienceは忍耐とか我慢といった意味の単語です。

ある会社にお問い合わせのメールを送ったところ、
「お問い合わせを受理しました」という自動送信のメールの中にあった一文です。
「返信に普段より時間がかかってしまいます。」という文章の次に、こう書かれていました。

また、何に対して感謝しているのかを主語にしてこんな風にも言います。
例)“Your plan for me is appreciated.” 「あなたの計画には感謝しています。」

まずはファーストステップとして、“Thank you for~.”や
I appreciate it.”を使った文を考えてみてくださいね。

Thank you for reading my article!

特集内の記事

ページTOPへ