キレイな英語発音指南 瀬谷結子さん(前編)

美しい発音が身につく指導にこだわった世田谷の英語教室「The Bee’s Knees English School」代表:瀬谷結子(セヤ ユイコ)さんに「キレイな発音で英語を話す」というテーマでお話をきいてきました。
プロフィール_イラスト

-「The Bee’s Knees」(はちのひざ)って、変わったスクール名ですね。

The Bee’s Kneesって語呂がいいし、カワイイな、と思っていました。“最高な”、“とびきりの”という意味もありつつ、“(そのひとにとって)おあつらえの”という意味もあるスラングです。「彼は私に“ぴったり”(=ベストパートナー)なのよ」というときに使うように、ひとりひとりに対してのbestを提供したい、という気持ちを込めています。

-そもそも、キレイな発音ってどういうものでしょう?

“ネイティブ並みの発音”という意味ではなくて、“通じる発音”という意味でキレイな発音と言っています。「日本人なのにキレイな発音ね」と言われるような発音です。決して「バイリンガルですよね?」とか「アメリカに何年いたんですか?」と言われるためではありません。

相手とコミュニケーションがとれる、(ネイティヴの)相手にストレスを与えない発音です。テニスに例えると、相手がボールを打ち返せる、ラリーが続くような感覚です。会話はコミュニケーションですから、続かないとストレスですよね。

そのために必要なのは“明瞭であること”です。会話相手のネイティヴの方が「その音は英語の○○という音だな」とわかる音を発する、ということです。

-英語学習において、発音にこだわるそのわけは?

日本人が英語を話す時に一番恐れているのは「文法が間違っているかも」ということより、実は(私の言っていることが)「通じないかも」「聞き返されちゃうかも」ということなんじゃないかと思っています。TOEICで高得点を取っていても「英語を話すのは自信がない」と言う方も少なくないです。

でも「発音が上手くできない」と思い込んでいるだけで、正しい英語の音の出し方を身につければ、その恐怖心もあっさり取れるし、ヒアリング能力もあがるので、英語上達の近道だと考えています。

つまり、正しい発音を身につけることで、英語を話す時の恐怖心を「さっさと取っちゃいましょう」ということです。それからゆっくり興味ある方面の勉強をしたり、思い切って海外語学留学してみるのもいいんじゃないかな、と思います。

難しい単語や構文を覚えようとするのと同じ時間があったら、先に発音を“体得”してしまえば、それは汎用性をもってずーっと使えるスキルなので、「先にそっちをやっちゃおうよ」「日本にいるままで、日本人による指導でも、英語の正しい発音は身につきますよ」ということを声を大にして言いたいです。

Card1

-瀬谷さんは、どうやってキレイな発音を身につけたんですか?

中学1年生のときに、発音を中心にして英語を徹底的にたたきこまれました。身内に教わったので、スパルタ教育でした(笑)。発音記号とセットで「口はこう開けなさい」「舌はこう使いなさい」と教えられました。

少人数でライブで教えてもらったというのが、一番よかったことです。トレーナーの口元を見て、その声を耳で聞くだけでなく、体に響く音や呼吸を感じながらのレッスンでした。一方通行ではなく、私が発した音に対して「今の音いいよ」と必ずフィードバックをもらっていました。

-どんなトレーニングをしていましたか?

英語学習自体が初めてでしたので、まずはアルファベットと発音記号を見ながら「A,B,C…」と発音することから始めました。次は単語を発音記号と照らし合わせて読み、その後は文章へと進みました。読む際には、最初はゆっくり丁寧に発音し、スラスラ暗唱できるまで音読を繰り返しました。

大人が再学習する場合も、発音記号の音を身につけた上で、音読、つまり自分の口から出すというのが、一番近道だと思います。

Memo

発音のトレーニングはスポーツと同じです。自己流でやると疲れてしまったり、身につけるまでに時間がかかったりしてしまいます。最初はトレーナーについてライブで教えてもらったほうがいいですね。あとは自習トレでいいと思います。そして時々「あれ?ちょっとおかしいな」と思ったら、またトレーナーに確認してもらうぐらいで大丈夫です。

みなさんが思っているより発音は“頭で考える”ことではなくて、“体を使ってやる”ものなんですよ。

-オススメのトレーニング方法はありますか?

まずは“ゆっくり丁寧に”発音することをお勧めします。とにかく音読をしてみてください。音声教材を使って学習する場合、聞き流しはしないでオーバーラッピング※してください。聞こえた音を必ず口から出してみましょう。
(※オーバーラッピング:英語のトレーニング法のひとつ。聞こえてきた英語と同じ音をほぼ同じタイミングで発声する。)

日ごろのトレーニング方法としては、目についた英単語をすべて正しい発音で読む、ということをしてみてください。街を歩けばアルファベットだらけなので、材料には事欠かないでしょう。

発音のコツとしては、「自分が外国人の顔(体)を持っている」つもりで話してください。鼻が高く、頬骨も高く、頭蓋骨の奥行きがあり、背筋が伸びている、そんな自分を想像してください。口の中をとにかく広く使いたいのです。当スクールのレッスンでは体の使い方からお教えします。

後編に続く

今、会いたい!輝く女性たち と同一カテゴリの記事

気になるテーマから 発想力UP と同一カテゴリの記事

「ET & IoT Technology 2019 ET/IoT総合技術展」&「IoTイノベーションチャレンジ2019」(2019/11/20-22)

2019-12-05 06:00:44

祝★1000記事突破!「菜緒さん」はソルクシーズとともに。

2019-12-04 06:00:48

2020年のITトレンド10大予想!【後編】

2019-12-03 06:00:49

2020年のITトレンド10大予想!【前編】

2019-12-02 06:00:13

ソルクシーズの勉強会レポート【RPA勉強会 振り返り】

2019-11-19 06:00:49

ソルクシーズ文系新卒エンジニア 入社2年でどこまで変わった?

2019-11-18 06:00:49

アタリマエ時代に突入? RPAの最新ニュースまとめ

2019-11-13 06:00:23

社員に聞いた「マネージャーになりたいVSなりたくない」 それぞれの言い分(2)なりたい派

2019-11-12 06:00:12

社員に聞いた「マネージャーになりたいVSなりたくない」 それぞれの言い分(1)なりたくない派

2019-11-11 06:00:05

実はまだ広がる!? ブロックチェーンの未来を考える

2019-11-06 06:00:10

ソルクシーズに子会社が10社もある理由

2019-11-05 06:00:39

なりたい職業第1位!令和はシステムエンジニアのモテ期?

2019-11-01 06:00:30

新戦力で発信力倍増! エクスモーションのオウンドメディア

2019-10-21 06:00:03

「社員の子ども向けプログラミングワークショップ」開催!参加Kidsのママにインタビュー

2019-10-17 06:00:37

ソルクシーズの部長インタビュー「結構楽しいよ、管理職」

2019-10-16 06:00:45

オリンピックで導入急増!? テレワークへの期待と誤解

2019-10-15 06:00:29
ページTOPへ